トップページ | ボクラのカケラ .02 "アメリカ横断ウルトラクイズ"販促物。 »

ボクラのカケラ .01 "日本縦断ウルトラクイズ"。

ボクラのカケラ .01 "日本縦断ウルトラクイズ"。

1980年代、 「原宿音楽祭」というのオーディションが毎年のように開催されていました。 (ビクター音楽産業(当時)主催)

聞いた話によると、小林武史氏をはじめ、久保田利伸氏、尾崎豊氏ら、 多くの有名アーティストが駆け抜けて行った伝説の音楽祭。(らしい)
この音楽祭に数年間、PCゲーム部門なるものが、設置されました。
大学1年生だった私は、面白半分、興味半分で、 当時、趣味で作っていたゲーム「日本縦断ウルトラクイズ」を応募しました。
優勝したら、 小泉今日子さん(当時、レコード会社がビクター)に会えるかも・・・との、ミーハー気分も手伝って。(笑)

最初は、自分のクイズ勉強用に、「単語帳的なクイズ学習ソフト」を作っていたのですが、 遊び要素が欲しくなり、気がついたら"ゲーム"になっていました。

もちろん、本家「アメリカ横断ウルトラクイズ」のパロディ。
当時は、今のように著作権や肖像権等、厳しくなかったこともあり、 PCソフトについてはある意味、無法地帯に近い状態で、 番組とタイトルも違うし(笑)、 パロディだし問題ないだろう・・・と考えたわけです。

クイズをしながら日本各地をまわり、優勝を目指す・・・というもの。
阪神タイガースファンの私ですから、 当然、第一ステージは甲子園球場。(笑)

あとは、新潟、鳥取、沖縄、札幌、函館等、計12ステージ。
収録クイズは、1,500問。

クイズも作りましたし、各ステージのルールも考えました。
当時は今のように分業ではありませんから、企画からプログラム、 グラフィック、サウンド等、全部1人でやりましたねぇ。
若かった。(笑)

その結果、優勝。
"オタク"だった私は(笑)、明らかに場違いではあるものの、 アイドルやミュージシャンを目指す華やかな人達に紛れ、 年末、ラフォーレ原宿で行われた表彰式に出席し、 賞金100万円をいただきました。
ホント、1人浮いていたなぁ。
司会の生島ヒロシ氏にも、からかわれたのは一生忘れません。(苦笑)
(グランプリを受賞した、可愛いあの娘は今、何しているのかなぁ。)

すぐに、"日本縦断ウルトラクイズ"製品化に向け、 プロジェクトは動き出しました。
まずは、富士通のパソコン FM-7,77版。

ゲームのボリュームアップ、画像や音楽の差し替え、ステージの追加等、殆ど作り変えに近い作業。
何度も徹夜しましたが、楽しかったですねぇ。

発売日も決まり、雑誌にも広告が掲載されました。
本格的なクイズゲームはめずらしかったこともあり、反響は大きかったですねぇ。
問い合わせも多々いただきました。

開発も終わり、チェックも終わり、 フロッピーディスクを工場に送ろうか・・・という段階になって、 事態は急転しました。

法務部から「待った」が入ったのです。
権利的に問題があるのではないか・・・と。
一大学生としては、青天の霹靂というか、「なんで今更・・・」というか・・・、 いずれにしてもショックは大きかったです。

当時の「パロディ」という解釈で発売しよう・・・という話もありましたが、 議論に議論を重ねた結果、残念ながら発売中止となりました。
世間の厳しさを知りました。(苦笑)

製品化寸前だったので、しっかりとパッケージもできていたんですよねぇ。
もちろん、プログラムも。

Photo

写真は、おそらく世界で1本しかない、幻の品です。(笑)

いくらお金を積まれても、売れません。(笑)

今思えば、若いうちに良い経験をしたと思います。
この経験が、著作権、肖像権等、様々な権利問題に神経質になるきっかけを与えてくれたと思いますし。

ちなみに、発売中止となりましたが、賞金の100万円を返還することもなく、同時並行していたPC-9801版の移植開発費用も返還することもなく、しっかりといただきました。(笑)

結果的に、貰いっぱなしで会社に恩返しできなかったのが心苦しく、何かで恩返ししなきゃいけないなぁ~と、強く思った次第です。
(恩返しについては、後日公開予定"やじうまペナントレース"に続く)

ちなみに、優勝しましたが、小泉今日子さんに会うことはありませんでした。(笑)

※長文、乱文お許しを。

M.J.KOZOU



|

トップページ | ボクラのカケラ .02 "アメリカ横断ウルトラクイズ"販促物。 »

コメント

突然のメールというか、コメント、失礼します!
 そうですか・・・貴殿は原宿音楽祭のイベントで優勝されたんですね・・・・
 実は小生、当時の原宿音楽祭のラフォーレ原宿で開催されていたイベントの演出・プロデュースをしていました・・・

 生島さんも私がキャスティングしたものです・・・

ちょっとした事から、原宿音楽祭という言葉で、検索した所
 貴殿の記事がヒットし、拝見させていただき
 とても 懐かしく思い、コメントしてしまいました

 きっと 当日ラフォーレで お会いしていると思います

 そうそう・・・確か イベントの事務局は 永井さんだったかな?
ソフト関係の 仕切りをしていたかと思います!

 あぁ= ほんと、なんだかとても懐かしい限りです

  前後定かではありませんが 数年間
 演出・プロデュースをしていました
  ミュージカルの演出 楽しかったなぁ~~~~

  すみません 内容のない コメントで
 貴殿の更なる ご活躍お祈りしています!

投稿: バナナ | 2010.08.06 21:53

バナナさん、コメントありがとうございました。

いやぁ~、原宿音楽祭、懐かしいです。
おっしゃるとおり、ラフォーレでお逢いしているんでしょうねぇ。

これまたおっしゃるとおり、永井さんが御担当されていました。
永井さんにはその後も大変お世話になり、今でもたまにお逢いさせていただいています。

学生の頃は、数学の先生にでもなりたいと思っていたのですが、原宿音楽祭での優勝によって、進む道が変わり、今の自分があると思います。

私の人生を変えた・・・といっても、過言ではないですねぇ。

ホント、いろいろとありがとうございました。

M.J.KOZOU

投稿: M.J.KOZOU | 2010.08.08 20:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527206/10050932

この記事へのトラックバック一覧です: ボクラのカケラ .01 "日本縦断ウルトラクイズ"。 :

トップページ | ボクラのカケラ .02 "アメリカ横断ウルトラクイズ"販促物。 »