« ボクラのカケラ .03 "-SUPER QUIZ GAME- LIPS"。 | トップページ | ボクラのカケラ .05 "のりピー & あだむ君"。 »

ボクラのカケラ .04 "アメリカ横断ウルトラクイズ"PS2版裏話。

ボクラのカケラ .04 "アメリカ横断ウルトラクイズ"PS2版裏話。

「福留さんは必須。」
アメリカ横断ウルトラクイズ PlayStation2版制作を検討する際、関係者に「福留さんの出演がNGだったら諦める」と宣言しました。
Wikipedia"アメリカ横断ウルトラクイズ (コンピュータゲーム)"にも記載されていましたが、実話です。
(Wikipediaの情報網/情報収集力、恐るべし・・・。)

福留さんの許諾をいただかなくてはいけない・・・と、 自分自身にプレッシャーをかけたんでしょうね。今思えば。

最初のPC版は福留さんバージョンだったものの、 認められたのは、メニュー画面に静止画1枚と、 テレビからキャプチャした声数点のみ。(苦笑)
(メニュー画面の手を上げる演出も、 最初は「静止画じゃない」との理由で事務所NGでした。
最終的には、御理解、御承諾いただきましたが。)

PC版を移植したSS/PS版(ビクターインタラクティブ)は、 福留さんのOKが出なかったとの事で、福澤さんに変更。
PC版第二弾もSS/PS版同様、 福留さんにOKいただけず、福澤さんで。

・・・・・と、結局、ここまで、
ガッツリと福留さんに御協力いただけたバージョンは実現しておらず。

福澤さんには申し訳ありませんが、 ユーザからも"ウルトラクイズは福留さん・・・"との声が多く、 また、私自身も 「ウルトラクイズ = 福留さん、高校生クイズ = 福澤さん」 と思っていましたし、 正直なところ、ウルトラクイズの(私が中心となっての)ゲーム化は、 今回のPlayStation2版が最後だと思っていたので、 やるなら福留さん・・・と考えました。

その旨、日本テレビさんにお伝えし、 福留さんの事務所に打診していただき、
結果、即NGではなく、とりあえず話を聞いていただけることに。
しかも、御本人が直接話をお聞きになり、 納得してくだされば、可能性があるとの連絡。

えぇ、福留さん御本人にプレゼン!
・・・ってことは、私のプレゼン次第ってこと?(笑)

予想外の展開に、早くも緊張してしまったのは言うまでもありません。

何度も一人でリハーサルして、本番(プレゼン)に臨みました。
柄にもなく、メチャメチャ緊張しましたよ。ホント。

日本テレビで「いつみても波瀾万丈」の収録終了後、 お時間いただき、プレゼンさせていただきました。
あのときの、ドキドキ、一生忘れられないですね。

難しいお顔をされていたので、やっぱりダメか・・・と諦めかけたところ、 無事、御承諾。
御本人も、ゲームで番組を復活させよう・・・と、 趣旨を御理解、御賛同いただけました。

何をしゃべったか、覚えていませんが、 ファンとして、ウルトラクイズを熱く語ってしまったような気がします。(笑)

その後、撮影、音声収録、内容確認、記者発表等、 多岐にわたってお世話になりました。
直接、何度かお電話いただいたり、テロ騒ぎの影響を心配していただいたり、 完成/発売も大変喜んでいただいたり。
ホント、ウルトラクイズファンには、夢のような"仕事"でした。

8845300_3720797542s

写真は、記念にいただいたサイン。
我が家の家宝です。

P.S.
D社から、T社に転職した際にいただいた電話にも大変感激しました。

M.J.KOZOU



|

« ボクラのカケラ .03 "-SUPER QUIZ GAME- LIPS"。 | トップページ | ボクラのカケラ .05 "のりピー & あだむ君"。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527206/10094395

この記事へのトラックバック一覧です: ボクラのカケラ .04 "アメリカ横断ウルトラクイズ"PS2版裏話。 :

« ボクラのカケラ .03 "-SUPER QUIZ GAME- LIPS"。 | トップページ | ボクラのカケラ .05 "のりピー & あだむ君"。 »