« ボクラのカケラ .24 "i-grandprixGX (TOYOTA GAZOO)"インターネット博覧会。 | トップページ | ボクラのカケラ .26 "パネルクイズ アタック25"PS2版。 »

ボクラのカケラ .25 「実現しなかった企画」(その2)。

ボクラのカケラ .25 「実現しなかった企画」(その2)。

またまた、「実現しなかった企画」のお話。

◎クイズ$ミリオネア

御存知かと思いますが、この番組、もともとイギリスで放送されていました。
イギリスのゲームソフト制作会社であるアイドス社は、既に人気だったこの番組をゲーム化されました。

このイギリス版"クイズ$ミリオネア"PCゲームを、当時アイドス社(Japan)に勤めていた知人にいただき、日本語版に移植したら売れると思う?・・・と、聞かれました。
番組を見たこともなく、英語が苦手な私は(笑)、面白いと感じることができず、日本で番組を放送すれば、移植する価値はあると思いますよ~と、軽~く答えました。
それからしばらく経って、日本で番組化することを知りました。

番組を見て、ひさしぶりに、ゲームにしたいクイズ番組だぁ~と興奮しました。
司会のみのもんたさんの会話や、"間"。
出場者とのやり取り等、再現したい~、ゲームにしたい~と、思いました。
これはゲーム化するしかない・・・と。

・・・が、番組のゲーム化権はアイドス社が保有していました。
イギリスに限定されず、WORLD WIDEで。

・・・となると、人気番組のゲーム化権をアイドス社(Japan)が手放すはずはなく、前述の知人がゲーム化することになりました。
いやぁ~、くやしかったですねぇ。ホント。

Mi

そもそも、私がクイズゲームを乱発リリースしていた頃、知人は「クイズゲーム」というジャンルを軽視していたので、変わり身の早さに脱帽というか、なんというか。(笑)

番組人気もあり、かなり売れたようです。
自分が携わることができず、くやしい気持ちはありましたが、クイズゲームが売れたってことがうれしかったです。

ちなみに、この"知人"とは、以前書かせていただいた「原宿音楽祭」を仕切っていた人。
http://mjkozou.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/01_a68b.html
私をこの世界に導いた人。
私の人生を変えた人。(笑)

お互い、勤務する会社は変わっていますが、今でもお付き合いさせていただいています。

M.J.KOZOU



|

« ボクラのカケラ .24 "i-grandprixGX (TOYOTA GAZOO)"インターネット博覧会。 | トップページ | ボクラのカケラ .26 "パネルクイズ アタック25"PS2版。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527206/10272896

この記事へのトラックバック一覧です: ボクラのカケラ .25 「実現しなかった企画」(その2)。:

« ボクラのカケラ .24 "i-grandprixGX (TOYOTA GAZOO)"インターネット博覧会。 | トップページ | ボクラのカケラ .26 "パネルクイズ アタック25"PS2版。 »