« ボクラのカケラ .40 "M.J.KOZOU & M.J.PARTY"。 | トップページ | TURNING POINT .03 "野球部"。 »

ボクラのカケラ .41 "栄冠は君に2002 ~甲子園の鼓動~"。

ボクラのカケラ .41 "栄冠は君に2002 ~甲子園の鼓動~"。

コンビニでゲーム流通を手がけていた・・・というD社の立ち位置上、いろんな会社様とお逢いする機会が多々ありました。

イース(日本ファルコムさん)もそうですが、「栄冠は君に」もD社ならではの出逢いがきっかけでした。

E1

「栄冠は君に」シリーズは、イース同様、PC版をリアルタイムで遊んでいました。
PC-98や、FM-TOWNSで。
特に、F社に勤めていたこともあり、FM-TOWNS版はやりこみましたねぇ。
会社で昼休みにメチャメチャ遊んでました。

そんな「栄冠は君に」で、アートディンクさんと御一緒することになったわけです。
これも、うれしかったです。ホント。
形はどうであれ、自分が遊んでいたゲームの続編に関わることになるとは、遊んでいる当時は考えられませんでしたから。

(アートディンクさんといえば、ビッグオナー、トキオ、アトラス等も、遊びましたねぇ。懐かしい。)

E3

基本的な部分はできあがっていたゲームですから、"味付け"を検討しました。
結果的に力を入れていただいたのが「アビリティシステム」です。

性格、センス、身体等に特徴を付け、選手の個性を惹きたてました。

他、インターフェイスの改善をはじめ、監督成長システム、イベント強化(ドラマティックイベントシステム)等。

E4_2

アビリティシステムは面白かったですねぇ。
プロ野球のゲームと違って、選手は実在の選手ではなく、架空のもの。
その架空の選手の性格や特徴を知ることで、愛着がでてくるんです。
多少成績が悪くても、贔屓してスタメンをはずさない・・・とか。(笑)

制作が楽しかったのを記憶しています。

E2

D社に勤めたことで、アートディンクさんをはじめ、いろんな会社様とお仕事させていただいたことは今でも私の貴重な"財産"です。

M.J.KOZOU

|

« ボクラのカケラ .40 "M.J.KOZOU & M.J.PARTY"。 | トップページ | TURNING POINT .03 "野球部"。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527206/10544042

この記事へのトラックバック一覧です: ボクラのカケラ .41 "栄冠は君に2002 ~甲子園の鼓動~"。:

« ボクラのカケラ .40 "M.J.KOZOU & M.J.PARTY"。 | トップページ | TURNING POINT .03 "野球部"。 »