« 青春の鼓動 .08 "ViViDeVaViDe"。 | トップページ | THE TIME .01 "アメリカ横断ウルトラクイズ 参加規程"。 »

ボクラのカケラ .42 "UIPモバイルシネマ"。

ボクラのカケラ .42 "UIPモバイルシネマ"。

"UIP"っていうのは、ユナイテッド・インターナショナル・ピクチャーズ・ファー・イーストの略
御存知の方も多いかと思いますが、映画の配給会社です。

過去には、JAWS、E.T、バック・トゥ・ザ・フューチャー、レインマン、シュレック、コラテラル、ターミナル、Ray、ボーンスプレマシー、サンダーバード、ブリジットジョーンズの日記、トランスフォーマー等々。
最大手の洋画配給会社・・・でした。

この配給会社の携帯サイトの立ち上げに携わりました。

T社の当時の社長と、UIP代表と交流があったのがきっかけで、携帯サイトの立ち上げを計画、提案させていただきました。

まずは、日本でどのくらい携帯電話が広まっているか、どのように使われているか、何が流行っているか、どうなっていくか・・・等、基本的なところから御説明させていただく。
同様の打ち合わせを、何度もいろんな担当者様に説明させていただきました。

海外の関係者様にもプレゼンが必要となり、「英語」ができない私は困った次第です。(苦笑)

結果的には御納得いただき、T社で受託することになりました。
期間は短かったですが、かなりしんどいプロジェクトでした。

もちろん、実作業としては、ここからが本番。
3キャリアに公式サイトとして御承認いただくための書類作成、プレゼン等々。
サイト制作、コンテンツ制作では、スタッフに大変な苦労をさせてしまいました。

社内調整、情報公開制限、他メディアとの調整・関係、無料配信等、UIPの当サイト御担当者も立ち上げはもちろん、立ち上げた後も御迷惑をおかけしたことと思います。
お許しください。 > 関係者各位

好きな映画に関わる仕事。
バック・トゥ・ザ・フューチャーをはじめ、大好きな映画をたくさん配給されていた配給会社様との仕事。
いろんな意味で、楽しかったし、勉強になったプロジェクトでした。

そんな、UIPさんも、残念ながら、2007年いっぱいで解散。
それと共に、携帯サイトもクローズとなってしまいました。

時代の流れ・・・とはいえ、寂しい限りです。

UIP社で行われた試写にお招きいただき、水野晴男先生の隣で試写を拝見したことは忘れられません。(笑)

P.S.
現存する会社、現存するプロジェクトについては、なかなか書きにくいのですが、UIPさんも解散、サイトもクローズってことなので書かせていただきました。

M.J.KOZOU



|

« 青春の鼓動 .08 "ViViDeVaViDe"。 | トップページ | THE TIME .01 "アメリカ横断ウルトラクイズ 参加規程"。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527206/10594351

この記事へのトラックバック一覧です: ボクラのカケラ .42 "UIPモバイルシネマ"。:

« 青春の鼓動 .08 "ViViDeVaViDe"。 | トップページ | THE TIME .01 "アメリカ横断ウルトラクイズ 参加規程"。 »