« ボクラのカケラ .62 "タイトル決定!"について(その2)。 | トップページ | ボクラのカケラ .63 「実現しなかった企画」(その4)。 »

Man and Woman .05 "母"。

Man and Woman .05 "母"。

「教育ママ」だったなぁ。
小さい頃から、勉強させられました。
厳しかったですよ、かなり。

特に、小学校に入る前の算数の勉強は厳しかったぁ。
体質的になのか、数字は好きだったので、算数の勉強は苦になりませんでしたが、他の教科の勉強は、苦痛でした。(苦笑)

そのおかげなのか、天性なのか、算数、数学は、小学校、中学校、高校、大学と、まったく苦労しませんでした。
ホント。(笑)

やっぱり、いやなものを強制されると、トラウマっていうか、なんていうか、逆効果ですよねぇ。
小学校高学年になると、勉強が嫌いで、嫌いで。
母の目を盗んでは、遊んでばかりいました。

長男ってこともあり、良い学校に行って、良い会社に勤めて・・・って、期待していたんだろうなぁ。

それが、突然、進路を変えて、好き勝手な人生を歩みだし、就職も地元ではなく関東に。
特に相談するでなく、自分で勝手に決めてました。
大学も、就職も。

今思えば悪かったなぁ~と思います。
親の心、子知らずとは、よく言ったものです。

※突然の進路変更については、↓コチラ。
http://mjkozou.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/turning_point_0_ccc8.html

いずれにしても、"デジタル"な仕事に就いて、それなりに仕事ができているのは、幼少の頃の母の教育の影響だろうと思います。

そんな母も、父が他界して数ヶ月後に癌に侵されていることが発覚し、闘病生活に入ったものの他界。
結局、3月に父が他界、同年10月に母が他界。

19歳で私を産み、苦労が耐えなかっただけに、親孝行したかったなぁ。
ホント。

↓幼い頃の私。(笑)

Ishikiriyama

M.J.KOZOU



|

« ボクラのカケラ .62 "タイトル決定!"について(その2)。 | トップページ | ボクラのカケラ .63 「実現しなかった企画」(その4)。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527206/12267743

この記事へのトラックバック一覧です: Man and Woman .05 "母"。:

« ボクラのカケラ .62 "タイトル決定!"について(その2)。 | トップページ | ボクラのカケラ .63 「実現しなかった企画」(その4)。 »