« 青春の鼓動 .24 "テイルズオブエターニア デスクトップアクセサリーズ"。 | トップページ | 青春の鼓動 .25 "マリー・エリー・リリーのアトリエ アトリエカードゲーム"。 »

TURNING POINT .06 "D → T"。

TURNING POINT .06 "D → T"。

上場直前に入社したD社も、4年が経過する頃には当時の勢いもなく、厳しい状況に追い込まれていました。
経営体制も変わり、以前のように「作りたいものを作っていればいい」と、"夢"を追い求めてはいられない状況になっていたのです。

会社の数字ありきでの発売日設定や、タイトル乱造。
上場会社としては、仕方がないこととはいえ、タイトルを制作する側としては、違和感を感じながら仕事をしていたのも事実です。

とはいえ、所詮、サラリーマンですからねぇ。(苦笑)

ウルトラクイズのPS2版をリリースした頃かなぁ、D社でのタイトル開発に限界を感じました。
これから先のことを考えなきゃ~と思いましたよ、ホント。

・会社の先行き不安
・タイトル(製品)に対する考え方の相違
・体制への不満

転職を考え出したのは、この3点が大きな理由だったと思います。

・・・が、しかし、直ちに"脱出"したわけでなく、仕掛かりタイトルもありましたし、会社の業績が上向くのでは・・・との期待もあり、タイトル制作は継続しました。

・・・が、一向に会社の業績は上向くことがなく、逆に悪化するばかり。
本社移転をはじめとした経費削減の数々・・・。
完全に負のスパイラルに陥っていました。

発売間もないタイトルを、廉価版で発売するのが決まったとき、"決意"しました。(笑)
http://mjkozou.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/30_best_selecti_ce98.html

この頃、"team-digi"の公式HPに私の日記を掲載していましたが、
不満や愚痴を書いていましたねぇ。

さすがに、ある日の日記については会社から削除命令。
早かれ、遅かれ、"脱出"する気だったからか、大胆なことをしていました。(苦笑)
いやぁ~、怖いもの知らずというか、なんというか・・・。
若かったですねぇ・・・。

いまさらながら、反省。

ゲーム関係からお声がけいただきましたが、コンシューマゲーム市場が縮小していたこともあり、悩んだ末に、IT業界に転進することを選びました。

D社での勤務は、5年と1ケ月。
大小ありますが、20以上のタイトルを制作しましたかねぇ。

最後の1年弱は別として、好きなことを好きなようにやらせていただき、いろんなことを学ばせていただいた、私にとって有意義な期間でした。
ホント、充実した毎日でした。

M.J.KOZOU



|

« 青春の鼓動 .24 "テイルズオブエターニア デスクトップアクセサリーズ"。 | トップページ | 青春の鼓動 .25 "マリー・エリー・リリーのアトリエ アトリエカードゲーム"。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527206/11612844

この記事へのトラックバック一覧です: TURNING POINT .06 "D → T"。:

« 青春の鼓動 .24 "テイルズオブエターニア デスクトップアクセサリーズ"。 | トップページ | 青春の鼓動 .25 "マリー・エリー・リリーのアトリエ アトリエカードゲーム"。 »