« 青春の鼓動 .36 "Ultima Generation -Road to the Avatar-"(その2)。 | トップページ | Man and Woman .08 "児玉清様"。 »

Man and Woman .07 "福留功男様"。

Man and Woman .07 "福留功男様"。

PS2版ウルトラクイズで本格的に御協力いただいたわけですが、前にも書いたとおり、想像以上に、期待以上に、全面的に御協力いただきました。
収録、撮影、記者発表・・・等。
http://mjkozou.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/30_ps2_529b.html

合間、合間に、ウルトラクイズの舞台裏やエピソードをお話いただきました。
仕事そっちのけで、話に夢中になっていたと思います。ホント。(笑)

音声収録の日、スタジオで待っていました。
予定時刻少し前に到着。

パッと見、機嫌が悪いのか、何かを考えられているのか、声をかけにくい表情。
やばいなぁ~と、思いました。

かなりの量の音声収録があるわけですから。
台詞だけじゃなく、○×クイズもかなりの量。
正直、ビクビクでした。

いざ、収録がはじまると、険しい顔もどこかに消え、ウルトラクイズの留さんとして、ノリノリで原稿を読み上げていただきました。

どこかの雑誌の記事にも書かれましたが、あまりにも力が入りすぎてか、想定以上の音量になり、収録しなおしさせていただいたぐらいです。

Fukudome
↑本家 ウルトラクイズに出場した際に会場で購入したテレカ

完成前に福留さんの事務所にPS2とROMを持ってお伺いし、途中バージョンを見ていただいたわけですが、OKいただけるか、喜んでいただけるか、ドキドキしながら、四ツ谷の事務所を訪ねました。
当日、結構強い雨が降っていたのが忘れられません。

3Dになった福留さんをはじめ、各チェックポイント等、一通り見ていただき、無事、OKをいただけたわけです。
なかなか、本家を復活できないこともあってか、お世辞もあったんでしょうが、喜んでいただきました。ホント。

雑誌社を招いての発表会。
お忙しい中、当時、恵比寿にあったD社に来ていただきました。
正直なところ、この会への出席も、恐る恐る打診したわけですが、即答で快く引き受けてくださり、またまた感激した次第です。

雑誌社の方のインタビューでも、熱く「ウルトラクイズ」を語っていただき、ウルトラクイズファンの記者の方は感動していました。

最初のプレゼンから、収録、撮影、ROMチェック、発表会、その他もろもろ・・・と、何度かお会いしたり、お話させていただきましたが、ウルトラクイズの復活を期待している、楽しみにしているように思えました。
お金の問題や、クイズ問題の用意の大変さ、そして何より、かなりの体力が必要等、実現するにはかなりのハードルがあることも教えていただきましたが、そんな言葉の中にも「いつかまたやりたいよねぇ~」とのニュアンスを感じました。

御本人の本音はわかりませんが、少なくとも私はそう感じました。

福留さんとの「仕事」。
一生忘れられない私の財産です。ホント。

M.J.KOZOU



|

« 青春の鼓動 .36 "Ultima Generation -Road to the Avatar-"(その2)。 | トップページ | Man and Woman .08 "児玉清様"。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527206/20502383

この記事へのトラックバック一覧です: Man and Woman .07 "福留功男様"。:

« 青春の鼓動 .36 "Ultima Generation -Road to the Avatar-"(その2)。 | トップページ | Man and Woman .08 "児玉清様"。 »