« ボクラのカケラ .75「実現しなかった企画」(その8)。 | トップページ | ボクラのカケラ .76 "アメリカ横断ウルトラクイズ"PS2版 石切山レポートの話。 »

Man and Woman .12 "U氏と、U氏"。

Man and Woman .12 "U氏と、U氏"。

某社勤務時に上司だった、U氏とU氏。
(同じ「U」ですが、別人。)

U氏その1。

私が大学時代、V社でゲーム制作をしていたことを御存知だったこともあり、「ファイナルファンタジーと、信長の野望をあわせたようなゲームを作ってくれ」と何度かおっしゃっていたのが忘れられません。(笑)

そもそも、ファイナルファンタジーや信長の野望って、私の守備範囲じゃありませんし、作れるもんだったら、言われなくても作ってるって。(笑)

Game

同僚と一緒に苦笑したもんです。

直接、密にお仕事をする機会は少なかったのですが、部会等での単刀直入な発言や指示、叱咤激励が強く印象に残っています。

しかしながら、その発言や指示が単刀直入だったがために、モチベーションを下げている先輩社員も多々見てきました。

改善すべきところは、改善させなきゃいけないのは当然ですが、気持ちって大切じゃないですかぁ。

発言ひとつ、指示ひとつ、行動ひとつ。
人の上に立つって大変なことだなぁ~と、認識した次第です。

人それぞれのやり方がありますし、どんなやり方であっても、長短あるので、良い悪いって話ではないんけどね。

U氏その2。

前述したU氏と同じ会社で、一時期上司だった方。
個性的な方。かなり。

良く言えばクール。
悪く言えば冷めている・・・って感じ。

この方の部に属していたといっても、仕事/業務については、好き勝手やらせていただいていたので、同じく密に仕事を・・・って記憶は薄いのですが、何かにつけて、気にしていただいていたような気がします。

Xmasだったかなぁ、御自宅にお招きいただいたり。
基本的に冷めているのに、こんなホットなところも有。

日本語の正しい使い方、間違いやすい漢字とか、間接的に教えていただきました。
「直接的」ではなく、「間接的」がポイント。

この方からもいろんな事を学びました。

ホント、勝手な好きなように仕事をし、納得できないことが発生すれば、抗議。
いやぁ~な、部下だっただろうなぁ。(苦笑)

M.J.KOZOU



|

« ボクラのカケラ .75「実現しなかった企画」(その8)。 | トップページ | ボクラのカケラ .76 "アメリカ横断ウルトラクイズ"PS2版 石切山レポートの話。 »

コメント

私は最近、今回のような「自分の上司はこのようなタイプだ」という内容の記事を、様々な場面で無意識のうちに「見入ってしまう」ようになってきています。
私も、いずれ定年間近くらいにもなったら、新入社員とかの教育を任される可能性まであるでしょうし(ないかもしれませんが)、そういう時のための「先輩方からのTips」として、十二分に活用させていただく所存です。

投稿: QQral | 2008.06.06 07:59

QQralさん、コメントありがとうございました。

私自身、これまで、いろんな上司の下で働いてきました。
見本になる人、そうでない人、いろんな人がいました。

そして、自分自身が「上司」と呼ばれる立場になり、数年。
この数年の間に、いろんな「上司」に変わったと思います。

自分の中で理想の上司像ってのがあるのですが、まだまだ、理想に達せず・・・って感じです。(苦笑)

・いつなんどきであっても、良いものは良い、悪いものは悪いと言う。
・非があるときは素直に謝る。(責任転嫁しない)
・先入観と固定観念は持たない。
・部下に好かれようと思わない。

この4点は、特に意識しているところです。
良いかどうかはわかりませんが。(笑)

M.J.KOZOU

投稿: M.J.KOZOU | 2008.06.06 11:51

>「ファイナルファンタジーと、信長の野望をあわせた
>ようなゲームを作ってくれ」と何度かおっしゃって
>いたのが忘れられません。

若輩の僕が言うのもなんですが、残念ながら何となくダメそうな方のような気がします(苦笑)

※「FF+信長という発想自体」がダメというより、なんかヒット作同士の融合でヒットを狙えないかという安易すぎる考え方がダメそうに見えるんです。

※※そもそもFF+信長なら既に太閤立志伝(コーエー)があるし(苦笑)

もう一方のU氏は個人的に素晴らしい方と見受けました一見冷めてるようで意外と全てをお見通し。部下の思ったように振る舞わせる、そんなタイプなんでしょうね。

※そして何か事が起きたら「俺が責任取る!後は任せろ!」と部下を全面的にフォローするタイプのようにも見受けられますが、如何でしょうか?


投稿: up-on | 2008.06.06 20:52

up-onさん、コメントありがとうございました。

おっしゃるとおり、足し算している時点で、苦笑するしかないです。(笑)
まぁ~、ゲーム業界の方でもないですし、単なるゲーム好きなおじさんの発想としては、仕方がないかと思います。
フォローにならないかもしれませんが、前出のU氏も悪い人じゃなかったんですよ。ホント。

後者のU氏。
確かに鋭い面は持っていました。
しかしながら、変な冷めた部分が強烈で、尊敬・信頼するには到りませんでした。
とはいえ、この方にもいろんなことを教えていただいたのは事実です。

残念ながら、「俺が責任取る!後は任せろ!」・・・って頼れる部分がいまひとつでした。(笑)

M.J.KOZOU

投稿: M.J.KOZOU | 2008.06.06 23:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527206/20967723

この記事へのトラックバック一覧です: Man and Woman .12 "U氏と、U氏"。:

« ボクラのカケラ .75「実現しなかった企画」(その8)。 | トップページ | ボクラのカケラ .76 "アメリカ横断ウルトラクイズ"PS2版 石切山レポートの話。 »