« ボクラのカケラ .93 "アメリカ横断ウルトラクイズ"クイズのデータ化の話。 | トップページ | Man and Woman .23 "伊藤裕子様"。 »

ボクラのカケラ .94 "手掛けたタイトルの発売日"について。

ボクラのカケラ .94 "手掛けたタイトルの発売日"について。

どんなタイトルでも、自分が関わった、手掛けたタイトルの発売日はソワソワしたものです。

◎"やじうまペナントレース"
http://mjkozou.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/02_3c88.html
何度も書いていますが、私のメジャー(笑)デビュー作。

当時、大学生でV社に通っていたのですが、発売日にはいくつかの店をまわりました。
一番印象に残っているのは、渋谷。
J&P、ソフトクリエイト等、当時、渋谷にはPCショップがかなりありました。

V社の営業力もあり、行く店、行く店、店頭のいい位置に陳列され、感激した次第です。
予想以上の陳列に、「こんなに売れるのかなぁ」「残ったらどうしよう・・・」と、心配したものです。(笑)


◎PS版"アタック25"
http://mjkozou.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/17_25ps_ff5f.html
コンシューマゲーム機デビュー作。

それまでPCソフトは多々制作してきましたが、コンシューマゲーム機タイトルは初。
これはこれで、前述"やじうまペナントレース"の発売日とは違った感慨深さを味わいました。

オフィスが新百合ヶ丘だったので、発売日は町田に行き、数店まわりました。

当時は、町田にメディアバレーという大型PCショップがあり、真先にここに行きました。

PS版"アタック25"は新作コーナーにしっかりと陳列されてましたが、他の大型タイトルに比べると本数は少なく。
なんとも寂しい気分になりました。(苦笑)

そんなとき、目の前で、若い女性が PS版"アタック25"を手に取りレジへ向かう。
えぇ~、お買い上げ?

目の前で携わったタイトルが売れるのを見るのは初だったので、感動、感激。
思わず抱きついちゃおうかと思いました。

相手が相手だけに、間違いなく「痴漢」として逮捕ですね。(笑)

今はデジタルコンテンツを扱うことが殆どで、PCソフト、ゲームソフトのように「実物/現物」の制作に携わることもなく。
デジタルコンテンツもいいけど、店頭で自分の携わった「実物」を見る。
この快感は忘れられませんね。

M.J.KOZOU



|

« ボクラのカケラ .93 "アメリカ横断ウルトラクイズ"クイズのデータ化の話。 | トップページ | Man and Woman .23 "伊藤裕子様"。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527206/21858648

この記事へのトラックバック一覧です: ボクラのカケラ .94 "手掛けたタイトルの発売日"について。:

« ボクラのカケラ .93 "アメリカ横断ウルトラクイズ"クイズのデータ化の話。 | トップページ | Man and Woman .23 "伊藤裕子様"。 »