« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月の32件の記事

Man and Woman .29 "仲根かすみ様"。

Man and Woman .29 "仲根かすみ様"。

御存知、福岡ソフトバンクホークス 和田投手の奥様。

以前も書かせていただきましたが、タイピングソフト"打モモも"のプロモーションで御協力いただきました。
(D社では、DVDも取扱させていただいていたので、会社としてお付き合いは初・・・ってわけではなく。)

Nakane

雑誌名は忘れましたが、パソコン専門誌で見開き2ページの特集記事。
仲根かすみさんが"打モモも"に挑戦する様子と共に、"打モモも"を紹介する・・・って感じ。

まぁ~、よくあるタイプの記事です。(笑)

某所のカフェをお借りして、撮影。
その後、"打モモも"webページで配信する、VTRデータ作成のため、"打モモも"各モードに挑戦。

殆どパソコンを使ったことがない(当時)ってこともあり、かなり苦戦されていました。

「クマ」がお好きだったようで、撮影に使用したPostPetの「モモ」のぬいぐるみを気に入った様子。
代理店の方が、プレゼントされたところ、大変喜んでいらっしゃったのが記憶に新しいです。

その際、いただいたサイン色紙にもクマ(?)のイラストがしっかりと。(笑)

Nakane

"打モモも"については、↓コチラを御覧ください。
http://mjkozou.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/39_postpettypel_6ade.html

M.J.KOZOU



| | コメント (0) | トラックバック (0)

Man and Woman .28 "橋本真也様"。

Man and Woman .28 "橋本真也様"。

T社在籍時、ZERO-ONEというプロレス団体の公式携帯サイト立ち上げのお話がありました。
T局で番組放送していたってこともあり、番組 + 携帯、つまり、「放送と通信の融合」を・・・と。

今や、「放送と通信の融合」って死語ですよね。
すいません。(笑)

話はかなり具体的なところまで進み、立ち上げに向け、コンテンツの準備をすることに。
選手の皆さんの写真やボイス等、収録しよう・・・ってことになり、直近の試合直前直後に行うことに。

当日、私も試合が行われる、千葉県茂原市に行きました。

全選手に撮影・収録、プレゼント用サイン等、御協力いただきました。

もちろん、橋本真也選手にも。

Hashimoto

神経質で怖い印象があったのですが、撮影のときには、「こんなポーズはどう?」、「これも撮っとけば?」と、サービス満点。

とても気さくな方でした。

軽いジョークをおっしゃった後の、ニヤっとした笑顔、忘れられません。

ちなみに、千葉県茂原市で拝見したこの大会。
橋本真也選手は、越中詩郎選手・大森隆男選手組に敗戦。

結局、訳あって、携帯サイト立ち上げは頓挫。
団体も体制が変わり、
それからしばらくして、橋本真也選手が他界。

今の状況だけ見れば、結果的に携帯サイトを立ち上げなくて良かったのかもしれませんが、悔いが残っているのも事実です。

M.J.KOZOU



| | コメント (0) | トラックバック (0)

【index】 青春の鼓動。

【index】 青春の鼓動。

これまでに私が携わったタイトルのチラシ(+α)と、制作に纏わる話を書かせていただきました。
(画像をクリックすると関連記事にリンクします。)

整理してみましたので、よろしければ御覧ください。
※私の記憶が確かなら、概ね古い順に並んでいるはずです。

日本縦断ウルトラクイズやじうまペナントレースやじうまペナントレース2

アメリカ横断ウルトラクイズPCアメリカ横断ウルトラクイズMac/Winアメリカ横断ウルトラクイズSS

Panicookアメリカ横断ウルトラクイズ2Fpssoftcollection1

Vividevavide100万円クイズハンター全国高等学校クイズ選手権

のりピーのともだち100人できるかなPanicook_2Fpssoftcollection2

アメリカ横断ウルトラクイズ95SpecialCarscreensaver_hondaCarscreensaver_toyota

Carscreensaver_bmwFpssoftcollection3のりピーの数字の星の大冒険

パネルクイズアタック25クイズスクリーンセーバーアメリカ横断ウルトラクイズパネルクイズアタック25PS

パネルクイズアタック25PS_2アメリカ横断ウルトラクイズ今世紀最後の復活あだむ君の大冒険九九島の巻

プロ野球シミュレーションダグアウト99プロ野球シミュレーションダグアウト99プロ野球シミュレーションダグアウトWIN

PostPetTypeLand打モモテイルズオブエターニアデスクトップアクセサリーズマリー・エリー・リリーのアトリエアトリエカードゲーム

サクラ大戦3デスクトップアクセサリーズ競馬ファンチョコレートキッス

アメリカ横断ウルトラクイズPS2UltimaGeneration-RoadtotheAvatar-チョコレートキッス2

兎-野生の闘牌-2002パネルクイズアタック25PS2

UltimaGeneration-RoadtotheAvatar2魁クロマティ高校兎-野生の闘牌-THEARCADE

PostPetTypeLand2打モモもプロ野球シミュレーションダグアウト03めざましテレビ_きょうのわんこ

イースⅠ・ⅡエターナルストーリーThankyoumail_Dollyオバマ

Thankyoumail_Dolly加藤和樹

以下、チラシ(ポスター)以外。

テレホンカードM.J.PARTYteam-digi

ウルトラクイズ販促物ウルトラクイズ敗者復活ウルトラハット

ウルティマチョコレートキッス打モモ

デジモントランプ

M.J.KOZOU

日本縦断ウルトラクイズ、やじうまペナントレース、やじうまペナントレース2、アメリカ横断ウルトラクイズPC版、アメリカ横断ウルトラクイズMacintosh_Windows、アメリカ横断ウルトラクイズSS版、Panicook(パニクック)、アメリカ横断ウルトラクイズ、FPSSoftCollection1、ViViDeVaViDe(ビビデバビデ)、100万円クイズハンター、全国高等学校クイズ選手権(高校生クイズ)、のりピーのともだち100人できるかな、Panicook2、FPSSoftCollection2、アメリカ横断ウルトラクイズ95Special、CARSCREENSAVER_HONDA、CARSCREENSAVER_TOYOTA、CARSCREENSAVER_BMW、FPSSoftCollection3、のりピーの数字の星の大冒険、パネルクイズアタック25、クイズスクリーンセーバーアメリカ横断ウルトラクイズ、パネルクイズアタック25PS版、パネルクイズアタック25PS版2、アメリカ横断ウルトラクイズ今世紀最後の復活、あだむ君の大冒険九九島の巻、プロ野球シミュレーションダグアウト99、プロ野球シミュレーションダグアウトWIN、PostPetTypeLand打モモ、テイルズオブエターニアデスクトップアクセサリーズ、マリー・エリー・リリーのアトリエアトリエカードゲーム、サクラ大戦3デスクトップアクセサリーズ、競馬ファン、チョコレートキッス、アメリカ横断ウルトラクイズPS2版、UltimaGeneration-RoadtotheAvatar-、チョコレートキッス2、兎-野生の闘牌-、栄冠は君に2002甲子園の鼓動、パネルクイズアタック25PS2版、UltimaGeneration-RoadtotheAvatar2、魁クロマティ高校、兎-野生の闘牌-THEARCADE、PostPetTypeLand2打モモも、プロ野球シミュレーションダグアウト03、めざましテレビ_きょうのわんこ、イースⅠ・Ⅱエターナルストーリー、Thankyoumail_Dolly、オバマ、Thankyoumail_加藤和樹、テレホンカード、ウルトラクイズ販促物、M.J.PARTY、トランプ、team-digi、Tシャツ、ウルトラハット、敗者復活、ウルティマ、ウルティマジェネレーション、カップ、デジモンカード。

続きを読む "【index】 青春の鼓動。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

THE TIME .27 "PULSAR"。

THE TIME .27 "PULSAR"。

またまた、今週も木曜日は車の話。

CUBEの車検が近くなり、車の買い替えを検討。
また、INTEGRAに戻ろうか・・・とも思いましたが、当時の「四代目」INTEGRAは私には、個性が弱く感じました。

INTEGRAの「尖った部分」が弱いというか、なんというか・・・。
当時は、他にHONDAに私にとって魅力的な車がなく。

CUBEに乗っていたこともあり、NISSANに行くことがあり、そこで PULSARとの出逢い。(笑)
ディスプレイがうまかったのかもしれませんが(笑)、精悍な印象を受け、衝動替え。

Pulsar

CUBEほどではないものの、燃費も良かったし、コストパフォーマンスは良かったですねぇ。

・・・が、良くも悪くも「おとなしい + 行儀の良い」車でした。
不満があったわけではありませんが、欲しい車が見つかるまでの「中継ぎ」。

購入時から、そんな意識でした。

そして、3年の車検が切れる前に、「欲しい車」との出逢い。
それについては、また来週。

M.J.KOZOU



| | コメント (0) | トラックバック (0)

好きになる .06 "野球カードゲーム"。

好きになる .06 "野球カードゲーム"。

昨日の「野球」繋がりで、「野球カードゲーム」について。

実際に野球をプレイするのに夢中になるとともに、プロ野球にも興味を持つようになりました。

そして某日、玩具店で「野球カードゲーム」との出逢い。(笑)

Kake0

選手1名毎に1枚のカード。
裏に、2つのサイコロの目によって結果が表示されているカード。
(1 + 1 = ホームラン、1 + 2 = サードゴロ・・・って感じ)

ゲームは2つのサイコロを振るだけのシンプルなもの。

すぐさま夢中になりました。

自分の好きなオーダーを組める点と、シンプルなゲーム性がよかったんだと思います。
最初は、阪神と巨人、他2球団。

確か、4球団購入し、自分でスケジュールを作り、一人でサイコロ転がし「試合」しました。
阪神、巨人、ヤクルト、阪急だったかなぁ。

勉強してくる・・・と、自分の部屋にこもり、勉強せずにこのゲームばかりやってました。
母親によく見つかって怒られたものです。(苦笑)

毎年、毎年、シーズン開幕とほぼ同時に発売されたんですよねぇ。
発売が近づくと、毎日のように玩具店に行って、発売されたか、否か、確認しに行きました。(笑)

このために、小遣い貯めましたよ。
・・・といっても、最大で6球団購入が限度でしたが。

Kake1

ついには、「試合」をするだけでなく、全試合、スコアブックをつけ、打率や防御率の計算も。
オールスターと題して、選抜チームで「試合」をしたり。

高校に入っても、熱は冷めず。
同級生数人で、1チームずつ保有し、ペナントレースを戦いました。

今のようにコンピュータゲームもない時代。
ローテク、アナログなゲームでしたが、楽しみました。

そのうち、パソコン(PC-8001)を購入。

このゲームの打率や防御率をパソコンで計算させ、ランキングを表示させたり・・・と、プログラミング。
プログラミングを学ぶにはちょうど良い題材でしたねぇ。(笑)

計算だけじゃ物足りなくなり、パソコンで野球ゲームを・・・と考え、バッティングセンターゲームや、野球ゲーム"ベースボール"を開発したわけです。

そういった意味では、この「野球カードゲーム」は、私の携わった数々の野球ゲームの原点かもしれません。

"バッティングセンターゲーム"については、↓コチラを、
http://mjkozou.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/70_8ab8.html
"ベースボール"については、↓コチラを御覧ください。
http://mjkozou.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/31_906f.html

M.J.KOZOU



| | コメント (0) | トラックバック (0)

【index】 not at all。

【index】 not at all。

これまでに書かせていただいた記事一覧です。
各記事にリンクしていますので、よろしければ御覧ください。

Notatall_
"うまい棒がサイトジャック"の話。
"オバマ・イズ・ビューティフル・ワールド!"。
"Thank you mail + LIVE電子書籍"(第三弾 : merry)。
"Thank you mail + LIVE電子書籍"(第二弾 : 加藤和樹)。
"Thank you mail + LIVE電子書籍"(第一弾 : Dolly)。
"「U」という会社"。
"売上本数"の話。
"監修"について。
"手掛けたタイトルの発売日"について。
"効果音収録"について。
"写真撮影"について。
"クイズ問題文音声収録"の話。
"クイズゲーム"選択肢について。
"クイズゲーム"履歴管理について。
"クイズゲーム"登場キャラについて。
"クイズゲーム"早押しタイミングについて。
"MQE"。
"MQR"。
"アメリカ横断ウルトラクイズ"チェックポイントの話(その2)。
"アメリカ横断ウルトラクイズ"チェックポイントの話(その1)。
"アメリカ横断ウルトラクイズ"クイズのデータ化の話。
"アメリカ横断ウルトラクイズ"PS2版 ステージ評価について(その2)。
"アメリカ横断ウルトラクイズ"PS2版 ステージ評価について(その1)。
"アメリカ横断ウルトラクイズ"PS2版 認定証。
"アメリカ横断ウルトラクイズ"PS2版 「美術」の話。
"アメリカ横断ウルトラクイズ"PS2版 iモード対応の話。
"アメリカ横断ウルトラクイズ"PS2版 プロモーションの話(その2)。
"アメリカ横断ウルトラクイズ"PS2版 プロモーションの話(その1)。
"アメリカ横断ウルトラクイズ"PS2版 石切山レポートの話。
"アメリカ横断ウルトラクイズ"PS2版 BGMの話。
"アメリカ横断ウルトラクイズ"PS2版裏話。
"アメリカ横断ウルトラクイズ"PS版/SS版/PS復刻版。
"アメリカ横断ウルトラクイズ 95Special"。
"アメリカ横断ウルトラクイズ ct.Ⅱ - 福澤アナ編 -"PC版。
"アメリカ横断ウルトラクイズ"PC版。
"アメリカ横断ウルトラクイズ"スクリーンセーバー。
"アメリカ横断ウルトラクイズ"携帯版。
"アメリカ横断ウルトラクイズ"販促物(ウルトラハット)。
"アメリカ横断ウルトラクイズ"販促物(敗者復活タスキ)。
"アメリカ横断ウルトラクイズ"販促物。
"全国高等学校クイズ選手権"。
"パネルクイズ アタック25"PS2版 出場者募集について。
"パネルクイズ アタック25"PS2版 パラメータの話。
"パネルクイズ アタック25"PS2版 面接について。
"パネルクイズ アタック25"PS2版。
"パネルクイズ アタック25"体験版(PS版)。
"パネルクイズ アタック25"PS版。
"パネルクイズ アタック25"PC版。
"100万円クイズハンター"PC版。
"漢字入力(日本縦断ウルトラクイズ)"の話。
"日本縦断ウルトラクイズ"。
"アタック25とダグアウトの微妙な共通点"の話。
"プロ野球シミュレーション ダグアウト"球場取材について。
"プロ野球シミュレーション ダグアウト'03 -the TURNING POINT-"ジャケットデザインの話(その2)。
"プロ野球シミュレーション ダグアウト'03 -the TURNING POINT-"ジャケットデザインの話(その1)。
"プロ野球シミュレーション ダグアウト'03 -the TURNING POINT-"。
"プロ野球シミュレーション ダグアウトWIN"オートデモ。
"プロ野球シミュレーション ダグアウトWIN"。
"プロ野球シミュレーション ダグアウト99"。
"やじうまペナントレース"企画書。
"やじうまペナントレース"。
"ベースボール"。
"バッティングセンターゲーム"。
"栄冠は君に2002 ~甲子園の鼓動~"。
"イースI・II エターナルストーリー"。
"兎-野生の闘牌- & 兎-野生の闘牌-THE ARCADE"。
"めざましテレビ ~10th Anniversary~ きょうのわんこ"。
"魁!! クロマティ高校"ジャケットデザインの話。
"魁!! クロマティ高校"。
"蒼天龍"。
"チョコレート♪キッス"ロゴデザインの話。
"チョコレート♪キッス"ラフデザイン。
"チョコレート♪キッス"特製カップ。
"チョコレート♪キッス"。
"タイピングソフトはハイブリッド版(Win&Mac)"の話。
"タイピングソフトのカナ入力対応"の話。
"打モモ & 打モモも & デジモンタイピング"出題文の秘密。
"打モモも"お化けの話。
"打モモも"おこさまランチの話。
"PostPetTypeLand2 打モモも"。
"打モモ/打モモも"追加問題の話。
"打モモ"ネットワーク大会。
"打モモ"特製(笑)缶。
"打モモ"VIDEO-CD。
"打モモ"企画第一案はボツ。
"打モモ"プロモーションの話(その3)。
"打モモ"プロモーションの話(その2)。
"打モモ"プロモーションの話(その1)。
"PostPetTypeLand 打モモ"。
"デジモンタイピング"特典カード。
"デジモンタイピング"。
"のりピー & あだむ君"の教訓をタイピングソフトに。
"のりピー & あだむ君"。
"Panicook(パニクック)"。
"競馬ファン"。
"マリー・エリー・リリーのアトリエ デスクトップアクセサリーズ"。
"テイルズオブエターニア デスクトップアクセサリーズ"。
"パラッパラッパー2 デスクトップアクセサリーズ"。
"サクラ大戦3 デスクトップアクセサリーズ"。
"ファイナルファンタジーⅧ デスクトップアクセサリーズ"。
"CAR SCREENSAVER - HONDA & TOYOTA & BMW -"。
"FM-TOWNS フリコレ(Free Software Collection)"。
"-SUPER CALC GAME- CHIPS"。
"-SUPER QUIZ GAME- LIPS"。
"-SUPER CARD GAME- VIPS" + "ViViDeVaViDe"。
"-SUPER CD PLAYER- WHIPS"。
"TownsGEAR"。
"F-BASIC386"。
"Best Selection"。
"Ultima Generation -Road to the Avatar-"。
"Ultima Generation -Road to the Avatar-"販促物。
"マリー・エリー・リリーのアトリエ アトリエカードゲーム"コンプリート。
"マリー・エリー・リリーのアトリエ アトリエカードゲーム"。
"ミニゲーム for @NetHome様"。
"i-grandprixGX (TOYOTA GAZOO)"インターネット博覧会。
"UIPモバイルシネマ"。
"携帯サイト"について(その3)。
"携帯サイト"について(その2)。
"携帯サイト"について(その1)。
"FINAL FANTASY THE LIMITED COLLECTION"。
"業界界蟻地獄Ⅰ ヤクザ編・看護婦編"。
"タッチおじさんロボット"について。
"特許"。
"タイトル決定!"について(その2)。
"タイトル決定!"について(その1)。
「実現しなかった企画」(その20)。
「実現しなかった企画」(その19)。
「実現しなかった企画」(その18)。
「実現しなかった企画」(その17)。
「実現しなかった企画」(その16)。
「実現しなかった企画」(その15)。
「実現しなかった企画」(その14)。
「実現しなかった企画」(その13)。
「実現しなかった企画」(その12)。
「実現しなかった企画」(その11)。
「実現しなかった企画」(その10)。
「実現しなかった企画」(その9)。
「実現しなかった企画」(その8)。
「実現しなかった企画」(その7)。
「実現しなかった企画」(その6)。
「実現しなかった企画」(その5)。
「実現しなかった企画」(その4)。
「実現しなかった企画」(その3)。
「実現しなかった企画」(その2)。
「実現しなかった企画」(その1)。
"プログラミング言語"について(その2)。
"プログラミング言語"について(その1)。
日記(team-digi)記事削除の話。
team-digiの人々。
team-digi。
M.J.KOZOU & M.J.PARTY。

Notatall__2
"イースⅠ・Ⅱ エターナルストーリー"。
"めざましテレビ ~10th Anniversary~ きょうのわんこ"ぬいぐるみ。
"めざましテレビ ~10th Anniversary~ きょうのわんこ"。
"プロ野球シミュレーション ダグアウト'03 -the TURNING POINT-"。
"PostPetTypeLand2 打モモも"プロモーションビデオ。
"PostPetTypeLand2 打モモも"web公開用ビデオ。
"PostPetTypeLand2 打モモも"。
"兎-野生の闘牌- THE ARCADE"。
"魁!! クロマティ高校"。
"Ultima Generation -Road to the Avatar-"(その2)。
"パネルクイズ アタック25"PS2版。
"栄冠は君に2002 ~甲子園の鼓動~"15秒CM。
"栄冠は君に2002 ~甲子園の鼓動~"。
"兎-野生の闘牌-"。
"Ultima Generation -Road to the Avatar-"。
"アメリカ横断ウルトラクイズ"PS2版 CM15秒Version。
"アメリカ横断ウルトラクイズ"PS2版。
"チョコレート♪キッス"プロモーションビデオ。
"チョコレート♪キッス"(その2)。
"チョコレート♪キッス"。
"競馬ファン"。
"パラッパラッパー2 デスクトップアクセサリーズ"マスコット。
"サクラ大戦3 デスクトップアクセサリーズ"。
"マリー・エリー・リリーのアトリエ アトリエカードゲーム"。
"テイルズオブエターニア デスクトップアクセサリーズ"。
"PostPetTypeLand 打モモ"。
"プロ野球シミュレーション ダグアウトWIN"。
"プロ野球シミュレーション ダグアウト99"ポスター。
"プロ野球シミュレーション ダグアウト99"。
"team-digi STAFF-Tシャツ"。
"M.J.KOZOU グッズ(?)"。
"M.J.PARTY トランプ"。
"M.J.PARTY グッズ"。
"テレホンカード"。
"FPS Soft Collection × 3"。
"あだむ君の大冒険 九九島の巻"。
"アメリカ横断ウルトラクイズ 今世紀最後の復活"記念。
"パネルクイズ アタック25"PS版。
"クイズスクリーンセーバー アメリカ横断ウルトラクイズ"。
"パネルクイズ アタック25"PC版。
"のりピーの数字の星の大冒険"。
"CAR SCREENSAVER - HONDA & TOYOTA & BMW -"。
"アメリカ横断ウルトラクイズ 95Special"。
"のりピーのともだち100人できるかな?"。
"全国高等学校クイズ選手権"。
"100万円クイズハンター"。
"ViViDeVaViDe"。
"アメリカ横断ウルトラクイズ ct.Ⅱ - 福澤アナ編 -"PC版。
"Panicook(パニクック)"。
"アメリカ横断ウルトラクイズ"SS版。
"アメリカ横断ウルトラクイズ"PC版。
"やじうまペナントレース 2"。
"やじうまペナントレース"。
"日本縦断ウルトラクイズ"。

Notatall__time
"イースI・II エターナルストーリー"殿堂入り。
"西川貴教のオールナイトニッポン"。
"ウルティマ"トロフィー。
"アメリカ横断ウルトラクイズ"PS2版 記者発表。
"チョコレート♪キッス"配役発表。
"チョコレート♪キッス"店頭イベント。
"パネルクイズ アタック25"PS2版 店頭イベント。
"株券"。
"toyota-pavilion.com"CD-ROM。
"のりピー"。
"お宝CD-ROM"。
"GOAL RUSH !!"。
"フジサンケイビジネスアイ"。
"朝日小学生新聞"。
"CROSSMEDia PRESS"。
"ゲーム批評"。
"お宝 DAT & MD"(その2)。
"お宝 DAT & MD"(その1)。
"雑誌レビュー記事"。
"ドリマガ"(その4)。
"ドリマガ"(その3)。
"ドリマガ"(その2)。
"ドリマガ"(その1)。
"ザ・プレイステーション2"(その2)。
"ザ・プレイステーション2"(その1)。
"TVクイズ番組 攻略マニュアル2"。
"販促会議"。
"CD-ROM Fun"(その3)。
"CD-ROM Fun"(その2)。
"CD-ROM Fun"(その1)。
"CD-ROM焼き"。
"Xmasの想い出"。
"新作発表会"。
"クイズ研究会"。
"塾をサボる"。
"岩松中学校 卓球部"。
"石切り山の人びと"。
"V社での仕事"の話。
"D社の福利厚生"の話。
"女子高校生・・・、いや、女子中学生のような・・・"の話。
"デジタルコンテンツターミナル"。
"銃撃事件"の話。
"ランキング被害妄想"の話。
"BMW X3"。
"BMW 3シリーズ"。
"CR-V"。
"HR-V"。
"PULSAR"。
"CUBE"。
"INTEGRA"(三代目)。
"INTEGRA"。
"MARCH TURBO -WHITE SELECT-"。
"Playstation Awards 2002"。
"Macworld Expo"。
"男と女"。
"賞与"(その2)。
"賞与"(その1)。
"居酒屋タクシー"。
"シブスタ"。
"なんでもコンピュート"。
"ゲーム・史上最大の作戦"。
"マイコン、パソコン"(その2)。
"マイコン、パソコン"(その1)。
"PostPetTypeLand2 打モモも"クイーンズスクエア横浜。
"PostPetTypeLand 打モモ"渋谷109スクエア。
"T"。
"D"。
"F"。
"職歴"。
"富士市横断ウルトラクイズ"。
"岩松中学校横断ウルトラクイズ"。
"アメリカ横断ウルトラクイズ 参加規程"。

Notatall_tp
"T → G"。
"D → T"。
"F → D"。
"米国赴任"。
"野球部"。
"パックマン"。
"英語のT先生"。

Notatall_man
"オードリー様"。
"エスパー伊東様"。
"どきどきキャンプ様"。
"江頭2:50様"。
"生稲晃子様"。
"千葉麗子様"。
"久保恵子様"。
"仲根かすみ様"。
"橋本真也様"。
"LaLa♪Lu様"。
"渡辺典子様"。
"さとう珠緒様"。
"石井竜也様"。
"伊藤裕子様"。
"福澤朗様"。
"杉山彩乃様"。
"鈴木繭菓様"。
"綾瀬はるか様"。
"平山あや様"。
"田淵幸一様"。
"児玉清様"。
"福留功男様"。
"ジャンボ鶴田様"。
"野沢雅子様"。
"小林清志様"。
"ヲノサトル様"。
"K氏"。
"別のI氏"。
"I氏"。
"U氏と、U氏"。
"Y氏"。
"母"。
"父"。
"水野裕子様"。
"CHAGE and ASKA様"。

Notatall_pride
"Wikipedia"。
"個人情報保護法"。
"クイズ番組"。
"迷惑な携帯電話"。
"嘘と冗談"。
"名刺交換"。
"Power Point"。
"できない理由を考えるより、どうすればできるかを考える"。
"モチベーション"。
"スケープゴート"。
"時間がない"。

Notatall__3
"野球カードゲーム"。
"野球"。
"Guam"。
"バック・トゥ・ザ・フューチャー(Back to the Future)"。
"SONY"。
"adidas"。

Notatall_key
"NG Word「ただ、」"。
"固定観念は罪、先入観は悪"。
"それは石切山が作りたいゲームなのか?"。
"なんだか怪しい会社だなぁ。(笑)"。
"打つだけじゃ物足りない"。

Notatall__4
"チェリーブラッサム"。
"晴天を誉めるなら夕暮れを待て"。
"スタートレックのテーマ(Theme From Star Trek)"。
"SAY YES"。
"悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE)"。
"My Revolution"。
"YOU&I -これがいいんじゃない?-"。
"NO DOUBT"。

Notatall__5
"アタック25 for Nintendo DS"。
"ダグアウト for Nintendo DS"。
"WHIPS for iPhone"。

M.J.KOZOU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

好きになる .05 "野球"。

好きになる .05 "野球"。

野球を知ったの & 始めたのは小学校3年のとき。
今思えば遅いですよね。

当時はそれほど好き・・・ってわけではなかったんです。

キャリアに差もあり、明らかに私は下手。(笑)
負けず嫌いな性格もあり、出遅れた感のある「野球」に拘りを持てませんでした。

ある日、授業が終わって運動場で野球。
どちらかといえば、お付き合い。(笑)

レフトを守っていたとき、鋭い打球が。
捕れない・・・と思いつつも、ジャンプ!

Ball

偶然にも、運よく、グラブに入ったんです。
超ファインプレー!

友人たちからも賛辞の声、多々。

このときの感触、今だに忘れられません。
これが自信になり、野球にのめり込んでいきました。

出遅れた感を取り戻すべく、近所のアパートの壁を相手に暇さえあればキャッチボール。
ホント、暇さえあれば、「壁」と遊んでいました。

今でも守備のほうが打撃よりも好きなのは、このときの影響ですね、きっと。

成功体験を持ち、自信をつける・・・ってことが、何かに取り組む時に何よりも武器になると身を持って経験しました。

この「ファインプレー」(笑)がなければ、野球ゲームを作ることはなかったんだろうなぁ。
ホント。

M.J.KOZOU



| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボクラのカケラ .105 "うまい棒がサイトジャック"の話。

ボクラのカケラ .105 "うまい棒がサイトジャック"の話。

昨日に続いて、U社関連の話。

T社在籍時代、駄菓子をテーマにした携帯サイトを企画しました。
その名も、「駄菓子.com」。(笑)

仮想駄菓子屋さん。

駄菓子にまつわる情報や、駄菓子のパッケージを利用した待受けやFlash。
駄菓子屋を思わせるようなゲーム、アプリ・・・等。

・・・で、協力していただきたく相談させていただいたのが「うまい棒」で御存知の やおきんさん。

Umai

この時、相談にのっていただいたのが S様。
テレビや雑誌にかなり露出されている有名な方。

結果的に、私がT社からG社に移籍してしまったこともあり、当初相談させていただいた「駄菓子.com」は実現しなかったものの、引き続き、お付き合いさせていただいてます。

そして、U社に携わるようになり、何か御一緒できれば・・・と相談をした中で実現したのが、「うまい棒がサイトジャック」。
U社が運営している、CM♪EXPRESSというサイトを「うまい棒」一色にするという企画です。

うまい棒にテーマソングがあるのですが、この曲を配信させていただいたり、うまい棒 1,000本プレゼントなる企画も。
当選された方、1,000本食べたのかなぁ?(笑)

その後も、バレンタイン企画を実現させていただいたりも。
今後も面白いこと、やりましょう。 & やらせてください。 > S様

当件については、↓コチラを、
http://www.uwm.co.jp/pdf/GSJ_UWM_070720_umaibou.pdf
Uという会社については、↓コチラを御覧ください。
http://mjkozou.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/77_u_520c.html

M.J.KOZOU



| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボクラのカケラ .104 "Thank you mail + LIVE電子書籍"(第三弾 : merry)。

ボクラのカケラ .104 "Thank you mail + LIVE電子書籍"(第三弾 : merry)。

私が携わっているU社で行っている、Thank you mail、ならびに、LIVE電子書籍プロジェクト第三弾。
(ちなみに、第一弾がDollyさん、第二弾が加藤和樹さん)

第三弾は、人気バンド merryさんで実施させていただきました。

Merry_2

沖縄で行われた #EXTRA の模様を電子写真集に。
ちょっと前に行われた #FINALの模様も電子写真集に。

紙の書籍と違って、速く「出版できる」ってのがいいですよね。

今後も、私がU社に携わっている間は、音楽LIVEに限らず、即時性を活かした写真集や、ファンサービスの意味も込めた Thank you mailを実施していきたいところです。

あ、merryさんの件。
#EXTRAが沖縄でLIVE・・・と聞いたので、私も沖縄に行かなきゃ~と思ったものの、都合がつかず、私が行く必要もなく(笑)、結局、沖縄には行けませんでした。(苦笑)

沖縄、行きたかったなぁ。

当件に関するリリースは、↓コチラ、
http://www.uwm.co.jp/pdf/UWM_CMEX_merry.pdf
第一弾(Dolly)については、↓コチラ、
http://mjkozou.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/78_thank_you_ma_3b29.html
第二弾(加藤和樹)については、↓コチラ、
http://mjkozou.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/79_thank_you_ma_eff8.html
Uという会社については、↓コチラを御覧ください。
http://mjkozou.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/77_u_520c.html

M.J.KOZOU



| | コメント (0) | トラックバック (0)

THE TIME .26 "デジタルコンテンツターミナル"。

THE TIME .26 "デジタルコンテンツターミナル"。

昨日に続いて、D社関係の話。

みなさん、「デジタルコンテンツターミナル」(以下、DCT)って見たことありますか?
↓こんな感じの端末が以前、コンビニに設置されていました。
Dct

これ、D社が開発、運営していたんです。

社内で初めて見た時は、夢のような機械だと思いました。
デジタルフォト(プロマイド)は売れるし、音楽も売れる。

特に音楽販売は、音楽好きな私にはとても魅力的でした。

今でこそ、iTunes Music Storeをはじめ、インターネット経由で楽曲購入ができますが、当時はそんなものがあるわけもなく。
コンビニにMDを持っていき、好きな曲を購入できる・・・ってだけで夢のように思いました。

D社でゲーム等の開発を担当していたこともあり、このDCT経由で販売できるゲームを考えるようにとの指示のもと、企画検討しました。

ダウンロードする場所(店舗)によって、キャラクターがかわるとか、当時流行っていたPocket Stationを利用して、店舗を駆け巡っての収集要素のあるゲームとか。

DCT、つまり、D社ならではのゲームが作れるかも・・・と、夢は広がったんですけどねぇ。

結果、ゲームを実現する前に、DCTビジネスは失敗(撤退)。
今のように、通信を使っての音楽販売には大手レーベルの賛同を得られず、魅力的なコンテンツが揃えられなかったんです。

どんなに進んだ技術があっても、結局はコンテンツ・・・ですよね。

M.J.KOZOU



| | コメント (0) | トラックバック (0)

THE TIME .25 "銃撃事件"の話。

THE TIME .25 "銃撃事件"の話。

某所で偶然にも、私がD社在籍時代に同じくD社の社員だった方に遭遇。
元気そうでなにより。

そんなことがあったので、今日はD社の話。

昨日の話が「CUBE」だったしね。(笑)

当時、D社は恵比寿、明治通り沿いにオフィスがありました。
有名ラーメン店の斜め前に位置する、きれいなビルにオフィスを構えていました。

Digicube

ある日のこと、人での打ち合わせを済ませ、会社に戻ろうとすると、会社近くの明治通り沿いに、パトカー数台。

(何があったのかなぁ~と、あくまで人ごと。)

ビルに入ろうとすると、ビルの中までただ事ではない雰囲気。

(あれぇ~、このビルで何かあったんだなぁ~)

エレベーターで6Fに。

ドアが開き、降りようとすると、警察の方が多数。
テレビドラマで見るような立入禁止のシール。

(これって、うちの会社だったのかぁ~)

大変な騒ぎになっていました。

なんと、銃撃事件だったのです。

エレベータが開いたところで、入口のドアに向かって数発。

「銃撃」ですよ、「銃撃」。

幸い、ケガ人もなく、被害はドアだけだったのですが、社内には衝撃が走りました。
ホント。

こんな身近に「銃」が・・・。
怖い世界だなぁ~と思ったものです。(苦笑)

テレビでも報道されたので、親類や友人に心配をかけてしまいました。

なかなか、経験できない「経験」ですよね。(笑)

M.J.KOZOU



| | コメント (0) | トラックバック (0)

THE TIME .24 "CUBE"。

THE TIME .24 "CUBE"。

(偶然にも、ここしばらく、木曜日は車の話になっていますが、お許しを。(笑))

三代目INTEGRAに乗り、もうすぐ車検・・・というところで、NISSAN CUBEに乗り換えました。

例によって、スポーツカー系への乗り換えが希望だったのですが、妻が妊娠しており、乗り降りが便利で、荷物の積み下ろしが便利な実用性重視・・・ってことで、当時、発表されたばかりの CUBEに変えました。

Cube

実用性を重視しただけに、いい"働き"をしてくれました。
妊婦、ならびに産後直後には、とても使い勝手の良い車だったと記憶しています。

以前書かせていただいたとおり、もともと、HONDA CITYのような小さくて丸い車が好きだったこともあり、スポーツカー系ではないものの、気に入っていました。
(とはいえ、数年後の車検前には乗り換えてしまいましたが・・・)

この車、変な想い出があります。

自宅でNISSANの方と商談していると、静岡の母からの電話。

父が行方不明との連絡。

約束を守る誠実な父だっただけに、すごく気になりました。

早々に商談を終了し、母へ電話するものの、父とは連絡が取れない模様。
直ちに高速に乗り、静岡に向かいました。

その日は発見されず、翌日某所、車の中で息を引き取っているのが発見されました。
心筋梗塞。

・・・・・ん、車の話題だったのに、気がついたら湿っぽい話題に。(苦笑)
お許しを。

「父」については、↓コチラを御覧ください。
http://mjkozou.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/man_and_woman_0_aa2f.html

M.J.KOZOU



| | コメント (0) | トラックバック (0)

僕はMUSIC .06 "スタートレックのテーマ(Theme From Star Trek)"。

僕はMUSIC .06 "スタートレックのテーマ(Theme From Star Trek)"。

御存知のとおり、ウルトラクイズのテーマ曲として有名なアノ曲は、オリジナル曲ではなく、既成曲である「スタートレックのテーマ」。

この曲をゲーム内で使用できなかった理由は、以前書かせていただいたとおり。
http://mjkozou.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/16_ps2_bgm_5663.html

繰り返しになりますが、残念、無念。

この曲が収録されていないだけで、ゲーム全体の評価も下がっていたようですし。(苦笑)

ホント、いい曲ですよね。
この曲を聞いただけで、ウルトラクイズ、自由の女神が頭に浮かびますしねぇ。

8845300_3723965960s

PS2版がはじめてではなく、最初に携わったPC版(FM-TOWNS版)からゲーム内で使用したいと思っていました。
権利的、金銭的なハードルが高く、都度都度、諦めていたわけです。

・・・あ、そうそう。

FM-TOWNS版の隠れた機能として、ゲームをハードディスクにインストールしてしまい、ゲームを起動。
あるタイミングで、別売ウルトラクイズのサントラCDをFM-TOWNSにセットすると、ゲームにあわせて、CD音源が再生される・・・って機能を開発した記憶があります。

Ultra
↑サントラCD。今でもたまに聴いてます。(笑)

これを使えば、「スタートレックのテーマ」がゲーム中に流れるわけです。

他の曲もゲームにあわせて再生。

この機能、製品版でははずしたんだっけかなぁ?
埋め込んだまま製品化した気も・・・。(笑)

自分でプログラム開発していたこともあり、こんな「遊び」には労力を惜しまなかったですねぇ。
ホント。

製品版に当隠し機能が残っているかどうかわかりませんが、残っていたら、私しか知らなかった「隠し機能」です。(笑)

M.J.KOZOU



| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボクラのカケラ .103 "FM-TOWNS フリコレ(Free Software Collection)"。

ボクラのカケラ .103 "FM-TOWNS フリコレ(Free Software Collection)"。

F社在籍時代、仕事ではなく、趣味でCD PLAYERやゲーム等を開発し、パソコン通信等で配布していたのは以前書かせていただいたとおり。

"WHIPS"、"VIPS"、"LIPS"、"CHIPS"、"子象小像"等。
あ、"子象小像"については、まだ書いてないかも。
機会があったら後日書かせていただきます。(笑)

これらは、前述したとおり、パソコン通信(Nifty)で無料配布が基本。
それぞれ、多くの方にダウンロードしていただきました。
感謝、感謝。

こういった、所謂、フリーソフトをF社がまとめてCD-ROMにしたのが「フリコレ」。

Q6

FM-TOWNSというパソコン普及のための一環だったと思いますが、パソコンメーカーが主導でこういったCD-ROMを制作するってのが新しい試みで、良い企画だったと思います。

もちろん、趣旨に賛同していますから、「フリコレ」に私が開発したタイトルの提供のお話があったときには、喜んで提供(参加)させていただきました。

この「フリコレ」発売数日前にサンプル版を送っていただいたのですが、コレが楽しみでしたねぇ。
自分の作品が収録されている・・・ってのも、楽しみの一つではありましたが、他の人がどんな作品を作ったのか、どんな宝物、どんな隠し玉が収録されているのか、ユーザとしても楽しみでした。

ホント、良い企画でした。
今のインターネットのようには、当時、パソコン通信は普及していませんでしたしね。

一時期、「FM-TOWNS」といえば、「フリコレ」と言われるほど、FM-TOWNSに関連する重要なプロジェクト。
フリーソフト作家としてではありますが、このプロジェクトに参加でき、よかったと思います。


"-SUPER CD PLAYER- WHIPS"については、↓コチラを、
http://mjkozou.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/27_super_cd_pla_8cf7.html
"-SUPER CARD GAME- VIPS"については、↓コチラを、
http://mjkozou.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/27_super_card_g_563b.html
"-SUPER QUIZ GAME- LIPS"については、↓コチラを、
http://mjkozou.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/03_super_quiz_g_208f.html
"-SUPER CALC GAME- CHIPS"については、↓コチラを御覧ください。
http://mjkozou.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/44_super_calc_g_c21e.html

M.J.KOZOU



| | コメント (0) | トラックバック (0)

THE TIME .23 "ランキング被害妄想"の話。

THE TIME .23 "ランキング被害妄想"の話。

某社でタイトル制作に携わっていた時の話。

私は某タイトルを企画/制作し、無事発売となりました。
同社で同時期に某タイトル(以下「A」)も発売。

幸か不幸か、出足は私が携わったタイトルのほうが良く、社内調べでは大差をつけて勝利。
同じ会社のタイトルだから、会社としては勝ち負けは関係ないのですが、まぁ~、勝ったほうがうれしいのも事実。

某雑誌の売上ランキング入りも確実視されていたこともあり、雑誌発売日を楽しみにしていました。

そして、雑誌発売日。

私が携わったタイトルは、見事ランクイン。
ちょっと売上のわりにランクが低いなぁ~と思ったものの、ランクインしただけで良しとしよう。(苦笑)

・・・が、ランキング上位を見て驚愕。

同社で同時期に発売したタイトル「A」が上位にランクインしていたのです。

もちろん、雑誌社の調査ですから、社内調べと差があるのは不思議ではないものの、それにしても違和感のあるランキング。

社内でも疑問視する声多々。
「A」の担当者と、某雑誌の担当者が公私共に仲が良いとの情報。
何かしら「操作」があったのでは?・・・との声も。

それほど、違和感のあるランキングだったわけです。

真実は闇の中ではありますが、この一件以来、世の中のランキングとよばれるもの全てにおいて、素直に受け入れることができなくなりました。(苦笑)

M.J.KOZOU



| | コメント (0) | トラックバック (0)

僕はMUSIC .05 "SAY YES"。

僕はMUSIC .05 "SAY YES"。

デビュー当時から CHAGE and ASKAの大ファンであることは以前書かせていただいたとおり。

彼らの代表曲でもある「SAY YES」に纏わるお話。

これも以前書かせていただきましたが、私の母は数年前、癌で他界しました。

母が体調を崩し、病院に行った際、近々病院に来てほしい・・・と、私宛に連絡が。
そりゃ、いい話であるわけがなく、いや~な予感がしました。

週末、神奈川から静岡に。
そこで癌がかなり進行しており、もって数か月・・・との宣告。

厳しかったですねぇ。
父が他界して間もないこともあり、ホント、辛かったです。

病室に戻ると母から「なんだって?」と聞かれるものの、そのまま伝えられるわけでなし。

「症状と、今後の治療方法を丁寧に説明してもらったよ」と、「嘘」にならない範囲で苦しい回答。
やはり、本人への告知はできませんでした。

かなりのショックでしたが、本人の前で涙を出すわけにはいかず。
病室にいた間、何をしゃべったのかも覚えていません。

病院を出て愛車に。
カーステレオから流れてきたのが「SAY YES」だったわけです。

Sayyes

私の影響もあり、母も CHAGE and ASKAの曲を良く聴いていたこともあり、それまで涙を出さないように我慢していたこともあり、この曲が始まった途端、涙がボロボロ出てきました。

いや、自慢じゃないですが、どんなに悲しい映画やドラマを見ても、泣かないんです。
しかしながら、この「現実」には涙があふれました。

それ以来、この曲を聴くたびに、あの日のことを想い出してしまいます。
いい曲なんですが、自ら好んでこの曲を聴くことはないですねぇ。(苦笑)

CHAGE and ASKA 好き(笑)については、↓コチラを、
http://mjkozou.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/man_and_woman_0_45d1.html
「母」については、↓コチラを御覧ください。
http://mjkozou.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/man_and_woman_0_7f41.html

M.J.KOZOU



| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボクラのカケラ .102 "アタック25とダグアウトの微妙な共通点"の話。

ボクラのカケラ .102 "アタック25とダグアウトの微妙な共通点"の話。

PC、PS、PS2でリリースさせていただいた"アタック25"。
PS、PC、PS2でリリースさせていただいたプロ野球シミュレーション"ダグアウト"。

この2タイトルには、微妙な共通点があります。

それは「無念 + 後悔」。

いや、どのタイトルも関係者各位、私のわがままに対応していただき、感謝しています。
ホント。

しかしながら、企画段階から考えていたものの、実現できなかった企画があります。
「観客の動き」です。

"アタック25"では、回答者の後ろに応援団(観客)がいますよね?

At

野球中継でも、センターからの視点で、ピッチャーの背中越しに、打者、捕手、審判。
そして、バックネット超えて観客。

Dw1

共に、観客の動きに拘りたかったんです。

例えば、"アタック25"の場合、回答者の回答に頷いたり、喜んだり、残念がったり。
時には、小さな子供が泣きだして、アタックチャンスのタイミングでその子供と親が観客席から消えていたり。(笑)

"ダグアウト"では、観客が通路に降りてきて「Vサイン」。
携帯で話をしながら、カメラに向かって手を振ったり、今だったら、携帯でワンセグ見ながら観戦・・・とか。

ゲームに直接関係ないところではありますが、こんな「遊び」を仕込みたかったなぁ。

どちらも、開発期間、開発費共に余裕がなく、実現できませんでした。

フリーソフト制作時みたいに、自分で画像も作り、自分でプログラミングしていれば、数日寝ないででも実現していたと思うんですけどねぇ・・・。

"アタック25"については、↓コチラや、
http://mjkozou.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/15_25pc_e231.html
↓コチラや、
http://mjkozou.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/17_25ps_ff5f.html
↓コチラを御覧ください。
http://mjkozou.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/35_25_04b2.html

"ダグアウト"については、↓コチラや、
http://mjkozou.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/21_99_1fd8.html
↓コチラを御覧ください。
http://mjkozou.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/21_win_6caa.html

M.J.KOZOU



| | コメント (2) | トラックバック (0)

PRIDE .07 "嘘と冗談"。

PRIDE .07 "嘘と冗談"。

嘘と冗談、似て非なるもの。

うそ 【嘘】
(1)事実を曲げてこしらえたこと。本当でないこと。偽り。
(2)誤り。間違い。
(3)望ましくないこと。すべきでないこと。

じょうだん 【冗談】
(1)ふざけて言う言葉。たわむれに言う話。
(2)ふざけてすること。たわむれ。いたずら。

三省堂提供「大辞林 第二版」より

私の中の定義は辞書とはやや違います。

嘘   : 営利目的のための偽り。

冗談 : 笑いを誘ういたずら。

私は日頃から、「冗談は言うけど、嘘は言わない」と公言しています。
堂々と、自信満々に。(笑)

今までビジネスマンとして仕事をしてきて、いろんな「嘘」を見てきました。
その反動なのか、「嘘」は許せないんですよねぇ。

正々堂々、無色透明の精神は忘れたくないものです。

M.J.KOZOU



| | コメント (0) | トラックバック (0)

THE TIME .22 "INTEGRA"(三代目)。

THE TIME .22 "INTEGRA"(三代目)。

1週間前に書きましたが、マイケル・J・フォックスの影響を受け(笑)、車をMARCH TURBOから INTEGRA(二代目)に変えました。
この車に4年ほど乗りました。

3年目の車検の時、買い換えようか迷ったのですが、とても気に入っていた車だったので車検して乗ってました。

そんなとき、HONDAの担当の方から、INTEGRAフルモデルチェンジ(三代目)のお知らせが。

新しいもの好きの私としては、フルモデルチェンジと言われれば、興味アリアリ。

販売店に展示される日、朝一で見に行きました。

噂は聞いていましたが、大胆なヘッドライト。
ちょっと大胆すぎるかなぁ~とは思ったものの、買い替えを決断しました。

Int2
色は↑この写真と同じ「赤」。
派手でしたねぇ、今思えば。(苦笑)

それほどスピードを出さない私には、もったいない車だったと思います。
ホント。

F社に在籍していたものの、"やじうまペナントレース2"の印税収入もあり、裕福だったんです。
お酒を飲むわけでなく、別段、お金のかかる趣味があったわけでもなく。

車とパソコン、AV機器にお金を使ってました。(笑)

"やじうまペナントレース2"については、↓コチラを御覧ください。
http://mjkozou.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/03_2_0b14.html

M.J.KOZOU



| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボクラのカケラ .101 "打モモ & 打モモも & デジモンタイピング"出題文の秘密。

ボクラのカケラ .101 "打モモ & 打モモも & デジモンタイピング"出題文の秘密。

秘密・・・ってほどのもんじゃないですが、出題文について工夫した点について書かせていただきます。

私が携わったどのタイピングソフトにも、アルファベットを練習するモードがあります。

実は、ここに拘りアリ。

一見、ランダムに出題されているように見えますが、違うんです。

実は、必ず、ホームポジションに戻るように出題しているんです。

Key_b

左手の小指のホームポジションは、「A」。
つまり、「Q」をタイピングさせた後は、「A」をタイピングするようにしています。

タイピングの基本は、常に「ホームポジション」。

タイピングが下手な方を見ていると、タイピングした指はそのままで、次のタイピングをしようとする。
気がつけば各指のポジションがメチャメチャになっちゃうんです。

これを阻止すべく、出題文側で必ずホームポジションに戻るようにしました。
この出題文を何度も何度もタイピングしていると、タイピング後、自然にホームポジションに戻るようになるわけです。

ちょっとしたことではありますが、意外に効果あるんですよ。
ホント。

エンタテインメント色の強いソフトではありますが、意外に真面目にタイピング上達を考えて制作しているでしょ?(笑)

"打モモ"については、↓コチラを、
http://mjkozou.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/23_postpettypel_346c.html
"打モモも"については、↓コチラを、
http://mjkozou.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/39_postpettypel_6ade.html
"デジモンタイピング"については、↓コチラを御覧ください。
http://mjkozou.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/14_753d.html

M.J.KOZOU



| | コメント (0) | トラックバック (1)

僕はMUSIC .04 "悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE)"。

僕はMUSIC .04 "悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE)"。

大学生時代、V社に通わせていただき、"やじうまペナントレース"の企画/制作を担当させていただきましたが、自分で企画したタイトル以外のタイトルにも携わらせていただきました。

Banana

モールモール(ファミコン版は、バナナとかって名前だったんじゃないかなぁ)というパズルゲームのステージを考えたり、イース(ファミコン版)のデバッグ手伝ったり。

Ys
(この当時、まさか自分がイースのPS2版企画/制作に携わるとは想像できませんでした・・・)

海外ゲームの権利を獲得して日本語版に移植するかどうか検討するための評価とかも。

あと、忘れられないのが DTMソフトの「MUSIUM」シリーズ。
特に頼まれたわけではなかったのですが、DTMに興味があったこともあり、「MUSIUM」シリーズで、ヒット曲を打ち込み楽しんでました。

Musium

印象に残っているのは、桑田佳祐氏の「悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE)」。

当時ヒットしていたこともあり、レコード会社がV社ってこともあり(笑)、楽譜を入手し、コツコツ打ち込みました。

幼少の頃、ヤマハ・エレクトーン教室に通っていたので、楽譜は読めるからねぇ。(笑)

荒削りではありますが、私が打ち込んだ「悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE)」。
専門家のチューニングが施され、「MUSIUM」シリーズの店頭デモ用に使われました。

Musium_2_2

今はなき渋谷J&Pで「MUSIUM」シリーズの店頭デモとして「悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE)」を聞いた時は、なんともうれしかったものです。

もっとも、「専門家のチューニング」が強烈で、私が打ち込んだ楽曲とは姿、形が変わっていましたが。(笑)

"やじうまペナントレース"については、↓コチラや、
http://mjkozou.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/02_3c88.html
↓コチラを御覧ください。
http://mjkozou.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/03_2_0b14.html

"イース"(PS2版)については、↓コチラを御覧ください。
http://mjkozou.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/42_iii_99c3.html

M.J.KOZOU



| | コメント (3) | トラックバック (0)

ボクラのカケラ .100 「実現しなかった企画」(その14)。

ボクラのカケラ .100 「実現しなかった企画」(その14)。

気がつけば、「ボクラのカケラ」も 100回目。
ブログ全体では、記事は 223件目。

ブログをはじめたときは、2~3ケ月も続けばいいかぁ~と思っていたものの、1月下旬からだから、半年超え。
そろそろネタ切れかなぁ。(笑)

まぁ~、ネタがなくなるまでは、毎日更新継続目指してみます。

さて、今日は、またまた「実現しなかった企画」の話。



◎浜﨑あゆみCD-ROM (浜崎あゆみ)

F社在籍時、酒井法子さんの書かれた「のりピー」を使わせていただき、エディテインメントソフトを2本制作させていただいたのは、以前書かせていただいた通り。

この時、酒井法子さんの所属事務所である、サンミュージックの関係者の方々には大変お世話になった次第です。

他にもお仕事、御一緒できれば・・・と、担当の方といろんなお話をさせていただきました。
某女優さんのあんなCD-ROMとか、こんなCD-ROMの話も。

その頃、テレビでドラマ「未成年」を拝見し、浜﨑あゆみさんを知りました。
何故か、このドラマでの浜﨑あゆみさんが印象に残ったんです。

気になって調べたら、所属事務所がサンミュージックさん。
運命を感じました。(笑)

ある日、打ち合わせで事務所を訪れた際、浜﨑あゆみさんでCD-ROMを企画したい旨、相談したのですが、色良い返答をいただくことはできず。
今思えば、既に事務所移籍等の話が進んでいたんでしょうねぇ。

当時、流行っていた写真集的なCD-ROMを考えていたんですが・・・。

実現していれば、今となっては、幻のCD-ROM、プレミア必須!・・・だったかもしれません。(笑)

さすがに、歌手としてここまでビッグになるとは想像できませんでしたが、ドラマでの彼女を見て、光るものを感じた私の目もなかなかでしょ?(笑)

"のりピー"のエディティンメントソフトについては↓コチラや、
http://mjkozou.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/05_cc47.html
↓コチラ、
http://mjkozou.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/14_a96e.html
↓コッチを御覧ください。
http://mjkozou.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/11_100_f362.html

M.J.KOZOU



| | コメント (0) | トラックバック (0)

好きになる .04 "Guam"。

好きになる .04 "Guam"。

D社在籍時、つまり、ゲーム制作が主な仕事だった頃。
規模がちょっと大きなゲームがFIXすると、長めの休暇をいただいて Guamに。

どんなゲームであっても、FIX間近になると、深夜勤務や休日出勤は当たり前。
家に帰ってもdebug(テストプレイ)したり。

ホント、過酷な職業です。(笑)

だから・・・ってわけではありませんが、私にとって、中~大規模ゲームがFIXしたらちょっとお休みをいただくようにしていました。

通常、開発がFIXしてから、発売日まで1ケ月程度の「間」があるものです。(製造期間)

もちろん、この期間内に様々なプロモーション活動をしなきゃいけないのですが、やりくりして、Guamへバカンス。
これを目標にすることで苦しい期間を乗り越えられたのも事実。

Guam

何度行ったかなぁ。
半年に1回ぐらい行ってたんじゃないかなぁ。

他にも海外に行った経験はあるのですが、何故だか Guamがお気に入り。
距離も適度で手軽だしね。

ビーチでのんびりしたり、ショッピングセンターをブラブラしたり、フルーツワールドに行ったり。(笑)

あ、そうそう。
様々なタイトルで御協力いただいていた某開発会社様が社員旅行でGuamに行くとのこと。

その数か月前に私は休暇でGuamに行く予定有。

私がGuamに行った際、Guamの名所5ケ所にガシャポンのカプセルを隠し、某社の社員旅行のイベントとして「宝探し」を実施。
もちろん、5ケ所について、ヒントを提示して。

数か月だから残っているかなぁ~と思ったのですが、結果、ひとつも発見されませんでした。
残念。

まぁ~、「宝探し」は盛り上がったようなのでそれはそれでよかったのですが。(笑)

当件に限らず、何事も「遊び」にしちゃう日々でした。
ホント、楽しかったなぁ。

当時のように長期休暇が取れない今、Guam好きが、UNIVERSAL STUDIOS JAPAN好きになってしまいました。(笑)

M.J.KOZOU



| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボクラのカケラ .99 "アメリカ横断ウルトラクイズ"チェックポイントの話(その2)。

ボクラのカケラ .99 "アメリカ横断ウルトラクイズ"チェックポイントの話(その2)。

昨日に引き続いてゲーム版"ウルトラクイズ"のチェックポイントの話。

PS2。

8845300_3720797542s

PS2版を企画するとき、真先に考えたのがジャンル。

「クイズゲーム」ではなく、「ウルトラクイズシミュレーター」。

大胆にも、「シミュレーター」を名乗るべく、可能な限り本物を再現・・・と考えたわけです。
司会進行の福留さんを必須とし、各チェックポイントも実際に番組で採用されたルールを再現したいなぁ~と思いました。

数あるチェックポイントの中から、採用するチェックポイントを決定するのは大変なものでした。

あれもいいし、これもいい。

PC版のときの懸念点であった、素材と、開発工数は殆ど無視して(笑)、選考しました。

個人的には、大声クイズが気に入ってます。
左スティックをグリグリまわして発生・・・という、なんとも力技的なインターフェイス。(笑)

あと、敗者復活戦も悩みましたねぇ。
番組そのまま・・・ってわけではないですが、雰囲気が味わえる敗者復活戦になっているかと思います。

それと、さらに悩んだのが罰ゲーム。

「ウルトラクイズ」には罰ゲームは必要。
でも、罰ゲームを受けるってことは、失格、つまり、ゲームオーバーになっているわけで、ゲームに罰ゲームを入れた場合、プレイヤーが罰ゲームをプレイする意味/意義をどう設定するか難しい問題でした。

罰ゲームは敗者復活戦のように救済目的ではないですしね。

そこで思いついたのが「セーブ権」。
罰ゲームを真面目にプレイすれば、通常セーブできない場所でセーブできるようになる・・・と、ささやかな御褒美を用意。
これが、意外に好評でした。

次にゲーム化する機会があれば(ないと思うけど)、トマト戦争とか、バック・トゥ・ザ・フューチャークイズとか、再現してみたいなぁ。(笑)

M.J.KOZOU



| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボクラのカケラ .98 "アメリカ横断ウルトラクイズ"チェックポイントの話(その1)。

ボクラのカケラ .98 "アメリカ横断ウルトラクイズ"チェックポイントの話(その1)。

PC(ct.Ⅰ、ct.Ⅱ)、PS/SS(基本的にPC ct.Ⅰの移植)、PS2と、"ウルトラクイズ"のゲームを企画/制作させていただいたわけですが、毎回、どんなコースで、どんなチェックポイントにしようか、悩みました。

ドームの○×、成田のジャンケン、機内ペーパークイズ、グアムの泥んこまでと、決勝早押しクイズは、迷うことなく。
これは定番ですしね。

問題は、グアムから、決勝ニューヨークまでの間。

できることなら、テレビで放送された形式が良いのは言うまでもありません。

毎回、毎回、企画を考える度に、テレビで採用された形式を調べ、どうゲームに取り込もうか悩んだものです。

PC(ct.Ⅰ)、PS/SS。

8845300_3723965960s

前述定番ルールと、バラマキクイズ以外は、オリジナル。
いや、好きでオリジナルルールばかり考えたわけじゃないんです。

・写真等の素材が皆無。
・まだまだ未熟だった技術力。
・開発工数。
・限られたクイズの有効活用。

番組を再現しようとすると、写真や画像が必要になりますが、局にも素材がないんですよ。
あっても、権利問題等の理由により、使えない。

予算が乏しく、現地取材ができるわけでもなし。
今だったらCGで再現も検討できるんでしょうが、当時は困難な状況。

これらの理由により、無理無理、オリジナルルールを考えるしかなかった・・・というのが本音です。

合言葉記憶力クイズなんかは、クイズの収録数をカバーするための苦肉の策。

・・・でも、それなりに「ウルトラクイズ」してたでしょ?

局の関係者の方には、PC版(SS版/PS版)オリジナルルール、意外に好評で、番組が復活したら採用させてください・・・なんて、御世辞のお言葉をいただきました。(笑)

個人的に、ステージ半ばで、「もうダメだぁ~」と諦めてしまうようなルールが嫌いだったので、「一発逆転要素」、「諦めるのはまだ早い要素」を重視してルールを考えた次第です。

あ、続きは明日。

M.J.KOZOU



| | コメント (0) | トラックバック (0)

THE TIME .21 "INTEGRA"。

THE TIME .21 "INTEGRA"。

先日書かせていただいた、私が手に入れた最初の車 "MARCH TURBO -WHITE SELECT-"に続いて乗ったのが、HONDA「INTEGRA」。

以前、ちょっと書きましたが、
http://mjkozou.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/03_back_to_the__0891.html
「MARCH TURBO」の車検が近く、パワステの車に買い替えたいなぁ(笑)と思っていたある朝、朝刊に掲載されていたマイケル・J・フォックスの「INTEGRA」新聞広告を見て、「これだぁ~」と思いました。

すぐさま、その日に多摩センターのHONDAを訪問し、商談。

社会人1年生ではありましたが、"やじうまペナントレース"の印税もあったので買っちゃいました。(笑)

Integra
↑このカタログに掲載されているのと同型を購入。色はワインレッド、サンルーフ付。

キャッチコピーが「もう見事なまでにH(エッチ)。」ってこともあり、「H(エッチ)な車に乗っている」と、周りからからかわれたものです。(笑)

この車は、名車でした。ホント。

また、御担当いただいた HONDAの方がとても良い方で、親切、丁寧ってこともあり、長くに渡って「HONDA」とお付き合いすることになりました。

1年生の若造が、この車を手に入れられたのは、"やじうまペナントレース様様"です。
ホント。

"やじうまペナントレース"については、↓コチラを。
http://mjkozou.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/02_3c88.html

M.J.KOZOU



| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボクラのカケラ .97 「実現しなかった企画」(その13)。

ボクラのカケラ .97 「実現しなかった企画」(その13)。

昨日に続いて、D社移籍時に引き継いだタイトルの話。

◎釣り(仮)

昨日の"テニス"同様、コンビニでの販売を視野に入れたゲームで、開発半ば・・・という段階で引き継ぎました。

正直なところ、引き継いだ時点で途中バージョンを見たのですが、「この調子でいいの?」って感じでした。
見た目、つまり、グラフィック的な部分でクオリティが低いなぁ~と感じたわけです。

完成に向け、進めていくにあたり、このグラフィック的クオリティで妥協できないと思い、前任者の方がどんなジャッジを出していたかはわかりませんが、抜本的な変更を開発会社に依頼しました。

さぁ~、大変。

どう変えれば納得できるんだ?、この路線で行くことは決まっていた、追加で開発費をくれ・・・等、抗議の嵐。

急ぎ、方針を決めましょう・・・ってことになり、開発会社がある大阪に行きました。

会議室に入ると、テーブルの上にテープレコーダー。

会議は予想通り、先方は喧嘩腰。
まぁ~、テープレコーダーが用意されていた時点で予想はしていましたが。(苦笑)

3時間?、4時間?、いや、5~6時間ぐらい会議したんじゃないかなぁ。
終始、建設的、前向きな会議にはならず、これ以上のクオリティアップはもちろん、製品としてFIXしないなぁ~と、諦め気分で大阪を後にしました。

予想以上の長時間会議のため、既に新幹線もなく、飲食店も締まっており、つまらないあやしい喫茶店みたいなところで、高くて不味いナポリタンを食べ(苦笑)、夜行列車で帰ってきました。

次の日、別のタイトルに関する社長へのプレゼンが午前中にあったので、かなり慌ただしかったのを記憶しています。

・・・で、"釣り"。
案の定、クオリティが合格点に達する兆しがなかったので、開発中止にしました。
もちろん、なんとかしたかったですよ。

しかしながら、開発側が非協力的で、喧嘩腰。
こんな状態で良いゲームができるわけがありません。

社長も、当初から、引き継ぎ案件だし、作りたくなければ中止にして良い・・・とのお考えだったこともあり、社内的にもすんなりと中止を承諾。
それまでにかかった費用は捨てることになるわけですが、業績好調だった会社としては、微々たる金額(?)と判断された模様。

D社に移籍し、引き継いだ2タイトルは、いずれも開発中止となり、前途多難な出足となりました。(苦笑)

逆に、この経験があって、以降のタイトル開発には、何事も慎重に取り組むようになった気がします。
良い経験でした。
ホント。

M.J.KOZOU



| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボクラのカケラ .96 「実現しなかった企画」(その12)。

ボクラのカケラ .96 「実現しなかった企画」(その12)。

私がD社に移籍した時点で、進行中案件が2タイトルありました。
前任者が退職されたこともあり、必然的に引き継ぎ。

この2タイトル共に、大変でした。(笑)

2日続けてこの話題。

◎デジカルテニス

コンビニでの販売を視野に入れたスポーツゲームで、題材は名前のとおり「テニス」。
テニスゲームで実績のある某社に開発を依頼し、進行していました。

・・・が、クオリティも、進捗も芳しくなかったんです。

一方で、話題作りをしようと、ゲーム内のテニスコートに、超有名企業のロゴを看板として入れようとか、今では当たり前の事ではありますが、当時はあまり例もなく、いろんなところに相談しつつ、進めていました。

プロモーションも計画し、準備は順調。

あとは、開発だけ・・・。

しかし、一向にクオリティも進捗も明るい兆しなし。

毎日のように先方オフィスにお伺いし、催促。
借金の取り立て屋みたいな感じ。(笑)

D社移籍後、初の仕事ってこともあり、できるだけのことはしたんですけどねぇ・・・。

既に、先方の経営状況も悪化しており、技術者も一人減り、二人減り。
とても、製品化まで辿り着けないと判断し、開発中止を決断しました。

いやぁ~、中止にするって、勇気がいるもんなんですよ。
ホント。

中止にあたって、契約不履行的な部分が殆どだったので、支払った開発費の返金等、ある意味、法的な手続きを取りました。
しかしながら、先方に受領済みの開発費を一括で返金するだけの体力もなく、分割での返金で着地したと記憶しています。

なんとも、後味の悪い結末でした。

契約書の重要性を身を持って知りました。(笑)

M.J.KOZOU



| | コメント (0) | トラックバック (0)

Key Word .03 "それは石切山が作りたいゲームなのか?"。

Key Word .03 "それは石切山が作りたいゲームなのか?"。

D社移籍時に社長だったS氏のお言葉。

開発部隊の責任者としては、自分が作りたいかどうかは別として、「売上」が欲しいじゃないですかぁ。(笑)
大ヒットは望めないものの、固く売上が見込めるようなジャンルのゲームを検討しました。

そして、社長にプレゼン。

今思えば、売上がどうこうとか、固いジャンルだとか、売上/利益面を全面に出したプレゼンだったような気がします。

私が作りたいゲームではなく、儲かりそうだから作ったほうがいいかも・・・。
そんな気持ちを読み取られてしまったんでしょうねぇ。

ニヤっと微笑んで、「それは石切山が作りたいゲームなのか?」と聞かれてしまいました。

常日頃から、私が作りたい、私が遊びたいと思うゲームを企画しろ・・・と、おっしゃっていただけに、この質問には適切な回答が思いつかず。

もちろん、この企画は「保留」。
結果的にはお蔵入りしました。(苦笑)

そんな背景もあり、外部の会社からの持ち込み企画は基本的にNGでした。(NGにしていました。)

当方が「こんなゲーム作りたい」との叩き台を用意し、外部の会社に御協力いただくパターンはありましたが。

当時は会社の業績も好調だったので、余裕があったからかもしれませんが、常日頃から、本当に作りたいものを作れ・・・と、事あるごとにおっしゃっていたのが忘れられません。

作りたいものを作れ。そして、拘れ・・・と。

一転、会社の業績も悪くなり、社長も代わって組織や体制、方針も変更。

固く売れるゲームを作れ、ゲームを量産しろ・・・との方針に。

両極端な方針の下、タイトル制作に携われたのは、良い経験になりました。
ホント。

M.J.KOZOU



| | コメント (0) | トラックバック (0)

僕はMUSIC .03 "My Revolution"。

僕はMUSIC .03 "My Revolution"。

御存知、渡辺美里さんの大ヒット曲。

メロディも印象的でしたが、詩が好きでした。

Myrev

この曲の影響で、「Revolution」って言葉を使うようになりました。

企画制作し、発売させていただいたPCゲーム"やじうまペナントレース"は、企画段階では、「BaseBall Game Revolution」と名付けていたぐらい。(笑)

この命名は却下され、"やじうまペナントレース"と名をかえ、そこそこ売れたので「結果all right!」ですけどね。(笑)

この楽曲がきっかけで、アルバム"eyes"もお気に入りに。

Eyes

名曲揃いの名盤です。ホント。
私の記憶が確かなら、私が初めて購入したCD。

大学時代の友人が彼女のファンクラブに入っていたこともあり、一緒に西武スタジアムのライヴにも行きました。
記念すべき、西武スタジアム第一回目のライヴ。

なんとも懐かしい話です。

死ぬまでに「Revolution」って名付けられるような何かを作りたいですねぇ。
「革命」ですから、そんじょそこらのコンテンツやサービスじゃ名前負けだし・・・。

"やじうまペナントレース"については、↓コチラや、
http://mjkozou.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/08_9215.html
↓コチラを御覧ください。
http://mjkozou.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/02_3c88.html

M.J.KOZOU



| | コメント (0) | トラックバック (0)

THE TIME .20 "MARCH TURBO -WHITE SELECT-"。

THE TIME .20 "MARCH TURBO -WHITE SELECT-"。

NISSAN「MARCH TURBO -WHITE SELECT-」、私が最初に手に入れた車です。

March

高校3年のときに自動車免許は取得していたので、大学に入り、一人暮らしをはじめてすぐに車が欲しいなぁ~と、思っていました。

そんな大学一年生の冬、以前も書かせていただきましたが、"日本縦断ウルトラクイズ"というゲームを開発し、某コンテストで優勝。
賞金として100万円をいただいたわけです。

・・・となると、欲しくなるのが車。
賞金以外にも貯金が少々あったしね。

・・・が、仕送りを貰っていた身分ってこともあり、車購入について親に相談。
大学一年生で車なんてまだ早い・・・とか、せっかくだから貯金しておけ・・・とか、危ない・・・とか。

まぁ~、いろんな理由で反対されました。

とはいえ、自分で稼いだ金ってこともあり、最終的には「許可」を得たわけです。

・・・で、いざ購入。

当時流行っていた、HONDA「CITY -TURBO-」が一番欲しかったのですが、親戚がNISSANに勤めていたこともあり、第二候補だった NISSAN「MARCH TURBO -WHITE SELECT-」にしました。

March2

3年弱乗り、車検のタイミングで買い換えましたが、大変お世話になった車。
埼玉と、実家の静岡を何度往復したことか。
この車のおかげで、行動範囲がぐ~んと広がりましたしね。

燃費もよかったなぁ。

しいていえば、パワステじゃなかったこと。
小さい車とはいえ、車庫入れとか大変だったなぁ。

"日本縦断ウルトラクイズ"については、↓コチラや、
http://mjkozou.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/01_a68b.html
↓コチラを御覧ください。
http://mjkozou.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/01_17e1.html

M.J.KOZOU



| | コメント (0) | トラックバック (0)

THE TIME .19 "Playstation Awards 2002"。

THE TIME .19 "Playstation Awards 2002"。

PS2版"ウルトラクイズ"が、「Playstation Awards 2002」なる祭典(表彰)イベントにて、ユーザ部門で5位となりました。
基本的には売上が、数百万本、百万本、50万本と、大ヒット作が表彰されるもの。
ユーザ部門ってのは、異色で、ユーザの投票により決まる部門でした。

残念ながら、PS2版"ウルトラクイズ"は、50万本、百万本といった売上を記録することはできず、当イベントとは無縁だと思っていましたが、途中経過でユーザ部門で健闘しているとの連絡がありました。

社内の宣伝担当からの第一報は、10位に入りそうだ・・・との連絡じゃなかったかなぁ。

途中経過を見ると、売上がすごいタイトルに交じっても、"ウルトラクイズ"の名が。

8845300_3720797542s

うれしい・・・というよりも、驚きのほうが大きかったです。

締切が迫るものの、順位は下がらず、むしろ上昇傾向。

ホント、他のソフトはビックネームばかり。
ここに名を連ねるのは申し訳ない・・・って気持ちでした。

スタッフには、投票しないように言いました。
ネットで投票だから、事務局側で調べようと思えば、IPアドレス等から、組織票だとわかるだろうし、そこまでして上位入賞してもうれしくないですしね。

そんな「かん口令」もどこ吹く風・・・と、順位は上がっていきました。

そして、最終発表。
結果、5位。

繰り返しになりますが、ビックネームばかりで居心地が悪いというか、なんというか・・・。

まぁ~、5位に入ったからと言って、表彰されるわけでもなく、何があるわけではないのですが、居心地が悪いものの、投票してくださった方々には感謝、感謝、もひとつ感謝って感じでした。

もちろん、関係者の投票もあったんでしょうが、それだけじゃ5位に入らなかっただろうしね。

いつか、売上でも入賞を・・・と、夢は見ていたのですが、現実にはなりませんでした。(苦笑)

M.J.KOZOU



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »