« 【index】 Man and Woman。 | トップページ | ボクラのカケラ .108 "打モモ"プロモーションの話(その2)。 »

ボクラのカケラ .107 "打モモ"プロモーションの話(その1)。

ボクラのカケラ .107 "打モモ"プロモーションの話(その1)。

私が携わったタイトルで、最もプロモーション、つまり宣伝にお金を使ったタイトルが"打モモ"。

8845300_1729309087s_2

以前も書きましたが、企画段階から売れる予感がありました。
タイピングソフトがちょっとしたブームになりかけていましたし、PostPetとのコラボレーション、そしてコンビニ流通。

良いものを作り、しっかりとプロモーションすれば、売れないはずがない・・・と。

まず当タイトルを制作するにあたって、企画内容やビジネスプランを社長にプレゼン。
この段階では、プロモーション費用として 1,000万円ください・・・とお願い。

PCソフトのプロモーションは、数十万円から数百万円前半ってのが相場だったので、1,000万円ください・・・とのお願いはいろんな意味で「勇気」が必要でした。

結果、企画も気に入っていただき、ビジネスプランとしても御承認。
プロモーション費用 1,000万円獲得。(笑)

8845300_3133802155s

開発が進み、β版ができたところで進捗報告を兼ねて、社長にプレゼン。
社長の「何本売るのを目標にしているの?」との質問に、大胆にも「10万本です」と答えました。

当時、PCソフトで10万本売るってのは容易なことではなかったのですが、夢は大きく「10万本」。(笑)
そもそも、社長はスケールの小さな話が嫌いでしたし。

これをうけて社長から「10万本売るなら、もっと宣伝したほうがいい。3倍の予算でプロモーションしてみては?」とのお言葉。

β版のデキも良く、満足していただいたこともあってか、2,000万円増の3,000万円獲得。(笑)

いいものを作るのも大切だけど、それを伝えることも大切だ・・・と、教えていただきました。

プロモーション費用増額はうれしい話ではありますが、目標だった「10万本」を、何が何でも達成しなきゃ~と、プレッシャーになったのも事実です。

続きはまた明日。

打モモについては、↓コチラを御覧ください。
http://mjkozou.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/10_postpettypel_20b0.html

M.J.KOZOU



|

« 【index】 Man and Woman。 | トップページ | ボクラのカケラ .108 "打モモ"プロモーションの話(その2)。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527206/23086264

この記事へのトラックバック一覧です: ボクラのカケラ .107 "打モモ"プロモーションの話(その1)。:

« 【index】 Man and Woman。 | トップページ | ボクラのカケラ .108 "打モモ"プロモーションの話(その2)。 »