« THE TIME .33 "Xmasの想い出"。 | トップページ | THE TIME .35 "CD-ROM Fun"(その1)。 »

THE TIME .34 "CD-ROM焼き"。

THE TIME .34 "CD-ROM焼き"。

F社在籍時の話。

当時、FM-TOWNSというCD-ROM付「マルチメディア」パソコンに関するソフトウェアの開発をしていました。

今でさえ、CD-ROMは一般的で、家庭でも手軽にCD-ROM、音楽CDを制作できますが、当時はそりゃ~、大変な作業。

FM-TOWNSのソフトウェアですから、CD-ROMでリリースするのが殆ど。

当然、製品化する前には、CD-ROMを制作し、このCD-ROMで問題がないか確認しなければいけないわけです。

Cdrom

当初は勤務していた会社にもCD-ROMを焼く機会がなく、蒲田に行って焼いてもらい、会社に戻って動作確認・・・なんてことを繰り返し。

CD-ROMを1枚焼くのに数時間。

もう少しで焼ける・・・ってときにERRORでやり直しとか。

会社に数百万(一説には300万円)のライターが導入されたものの、1枚数時間・・・は変わらず。

夜中に数人で番をして数枚焼き、翌朝から動作確認。

いやぁ~、CD-ROM1枚焼くのにそんな苦労をしていたなんて、信じられないんだろうなぁ。 > 30代前半以下の方々

CD-ROMを焼くのに費やした時間(+労力)。
今思えば、もったいない時間でした。
ホント。

M.J.KOZOU

|

« THE TIME .33 "Xmasの想い出"。 | トップページ | THE TIME .35 "CD-ROM Fun"(その1)。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527206/24360191

この記事へのトラックバック一覧です: THE TIME .34 "CD-ROM焼き"。:

« THE TIME .33 "Xmasの想い出"。 | トップページ | THE TIME .35 "CD-ROM Fun"(その1)。 »