« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月の31件の記事

終章 ~エピローグ~。

終章 ~エピローグ~。

早いもので、2008年も今日でおしまい。
みなさん、良い年でしたか?

今年1月からはじめた当ブログもなんとか毎日更新を達成し、記事数でも「365」を超えました。

40歳を超え、今までを振り返る意味 & 整理する意味で書き始めた当ブログですが、改めて文字にすることで、想い出されたこと、再認識したこと、反省したこと、改めて学んだこと、若かったなぁ~と苦笑いしたこと等、とても良い機会を得たような気がしています。

おかげさまで、多くの方に見ていただき、コメントいただいたり、メッセージ、メールをいただいたりと、反響も私の想像していた以上でした。

本当にありがとうございました。

仮に、人生のうち40年間働くとすると、ちょうど真ん中、折り返し地点。
「前半戦」を整理整頓する意味でも当ブログを書いてよかったと思っています。

「前半戦のけじめ」ができたこともあり、そろそろネタもなくなってきたこともあり(笑)、当ブログは一旦終了とさせていただきます。
(正直なところ、まだまだ書きたいことは多々あるのですが、文字として残しちゃいけないような危ないネタばかりなので・・・ (苦笑))

またある程度、ネタがまとまったところで振り返りのブログを再開したいと思います。
その際にはまた、お付き合いください。

御拝読、ありがとうございました。

なお、現在進行形のブログ、所謂、日記については継続していきます。
よろしければ、↓コチラの「BOYS LIFE written by M.J.KOZOU 」を御覧ください。

Boys_life
http://ameblo.jp/mjkozou/

M.J.KOZOU

| | コメント (2) | トラックバック (0)

PRIDE .11 "Wikipedia"。

PRIDE .11 "Wikipedia"。

T社に在籍していたある日、アメリカ横断ウルトラクイズに関して検索していたとき、Wikipediaに同番組に関するページがあることを発見しました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E6%A8%AA%E6%96%AD%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%82%BA

・・・で、よくよく見ると、ウルトラクイズのゲームに関する記事も

私が携わった、PC版、PS版(SS版)、PS2版もしっかりと。
どれも詳しく書かれておりビックリ。
制作者の私も忘れているようなこと多々。

ホント、すばらしい。

・・・で、さらには、「私」に関するページも発見。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E5%88%87%E5%B1%B1%E8%8B%B1%E8%A9%94

いやぁ~、驚きました。
私が雑誌のインタビューで答えたことが引用されていたり、「どこでしゃべったかなぁ?」と自分でも忘れているようなことも。

しかもマメにupdateしてくださっているようですし、ある意味、公開履歴書ですよね。(笑)

最初は誰どなたが書いていただいたのか、どなたがupdateしてくださっているのか不思議だったのですが、そのうちの数名の方の存在を知ることとなり、記事の作成、updateには、今となっては大変感謝しています。

Wikipedia、2ちゃんねる等への書き込み系サイトへの書き込みは、自制していますので(笑)、今後もupdateよろしくお願いします。

P.S.
今、調べてみたら、まだまだ関連ページあるんですねぇ。
クイズ番組系ページは想像していたものの、"やじうまペナントレース"のページがあるとは想像していませんでした。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%84%E3%81%98%E3%81%86%E3%81%BE%E3%83%9A%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B9
とはいえ、対応機種が足りないなぁ。(笑) ※2008年12月30日現在

M.J.KOZOU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボクラのカケラ .151 "魁!! クロマティ高校"ジャケットデザインの話。

ボクラのカケラ .151 "魁!! クロマティ高校"ジャケットデザインの話。

昨日に続いて、デザインの話。

魁クロマティ高校

PS2版"魁!! クロマティ高校"のパッケージデザインですが、他タイトルと例外なく数パターンを作成していただきました。

K1

「腰巻」がいい感じですよね。
デザインを依頼する段階で、「腰巻」はつけたかったので、入れていただきました。

K2

「腰巻」の文章もいろんな案がありました。

K3

ラフデザインに入っている、『「売れなかったらどうしよう・・・」by 営業部のN山さん」』好きだったんですけどねぇ。
ちなみに、営業部のN山さんって、D社に実在した方。(笑)

K4

上のデザインと同じように見えて、同じではない。(笑)

そして・・・、最終的に決まったのが↓コレ。

C1

みなさんは、どれがよかったですかぁ?

パッケージゲームを制作するって、ただ単にゲームを制作/開発すれば良いのではなく、ロゴやパッケージ、チラシ等のデザインも含まれています。

もちろん、会社によっては分業なんでしょうが、F社、D社で私がタイトル制作していたときは、全てについてイニシアティブをとらせていただきました。

あ、あと、宣伝もね。

そういった意味でも、何から何まで、自由にやらさせていただき、いい経験になりました。

M.J.KOZOU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボクラのカケラ .150 "チョコレート♪キッス"ロゴデザインの話。

ボクラのカケラ .150 "チョコレート♪キッス"ロゴデザインの話。

先日、ジャケットデザイン(PS2版"ダグアウト'03")について書かせていただきましたが、今日はロゴデザインの話。

ジャケットデザインと同様、ロゴを決めるのは重要なこと。

ある程度、方向性というか、希望テイストをお話し、デザイナーの方に数パターン御用意いただくのが殆ど。

PS版"チョコレート♪キッス"も同様でした。

チョコレートキッスチョコレートキッス2

・個人的に、あまりにも丸丸した丸文字は嫌いなので、できれば避けてほしい。
・バレンタインデーをテーマにしたゲームなので、何かしら、チョコレートとハートを取り入れてほしい。
・明るく、元気な感じ。

こんなところをお伝えしたのかなぁ。
確か。

結果、候補としてあがったのが↓コレ。

C1

ちょっとした違いですが、雰囲気変わりますよねぇ。

C2

・・・で、決めたのが、↓コレ。

C1

良い選択だったと思っているのですが、いかがですかぁ?

M.J.KOZOU

| | コメント (0) | トラックバック (1)

THE TIME .64 "イースI・II エターナルストーリー"殿堂入り。

THE TIME .64 "イースI・II エターナルストーリー"殿堂入り。

基本的に、雑誌のレビューについては、一言も、二言も言いたいことがあるのは、以前書かせていただいたとおり。(笑)
http://mjkozou.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/the-time-46-d94.html

まぁ~、正直なところ、なかなか良い点数をいただけなかった・・・っていう悔しさ、僻みも、レビュー(点数付)を否定的にとらえてしまう理由の一つだと思いますが。(苦笑)

そんなレビューですが、某誌で高い点数をつけていただいたことがあります。

PS2版"イースI・II"。

イースⅠ・Ⅱエターナルストーリー

8、8、7、8点とかで、シルバー殿堂入り。
ゴールドに1点足りなかったものの、なかなかの得点。

名作の移植なので、おかしな移植をしなければ、低い点数をつけられることはないだろうとは思っていましたが、PS2版で追加した新バトルシステム等もそれなりに評価された模様。

関係者の苦労が、点数的には実ったわけです。

しかしながら、開発工数、発売日等、様々な問題により、制作側の満足度は低い作品であったのも事実。

ゲームに点数をつけるって、大変なことですよね。
つける側も、つけられる側も。
ホント。

PS2版"イースI・II"が、私のD社で最後のタイトル。
いや、D社っていうか、今日現在、最後に携わったタイトル。

その最後のタイトルで殿堂入りってのも、なんとなくオツですよね。(笑)

M.J.KOZOU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

THE TIME .63 西川貴教のオールナイトニッポン。

THE TIME .63 西川貴教のオールナイトニッポン。

PS2版"アタック25"を発売した直後、ニッポン放送「西川貴教のオールナイトニッポン」番組内で当ゲームを御紹介いただきました。

ちょうど、西川貴教さんの誕生日。

西川貴教さんは、児玉清さんの大ファン。

番組の中で、児玉清さんが西川貴教さんにお祝いの言葉を贈られるのと同時に、プレゼントとして当ゲームを贈呈されるというもの。

パネルクイズアタック25PS2

なかなか良い企画でした。

番組を録音したデータが手元にあるのですが、流石に権利的に問題ありなので、配信できません。
すいません。(笑)

M.J.KOZOU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボクラのカケラ .149 "プロ野球シミュレーション ダグアウト'03 -the TURNING POINT-"ジャケットデザインの話(その2)。

ボクラのカケラ .149 "プロ野球シミュレーション ダグアウト'03 -the TURNING POINT-"ジャケットデザインの話(その2)。

昨日に続いて、"ダグアウト'03"のジャケットデザインの話。

やっぱり、私自身に具体的なイメージがないと、なかなか決まらない、決断できない。

D1_2

魔球が投げられるゲームみたい。(笑)

D2

D3_2

う~ん・・・。

D4_2

D5_2

D6_2

ブルー系は嫌いじゃないけど・・・。

D7_2

D8_2

迷いがデザインにも出ているような。(笑)

そ・し・て・・・、最終的なジャケットはコレ。

Fix

「求む、プロ野球の監督。」のキャッチは気に入っているのですが、100%満足には達せず。
時間切れ。

しかしながら、全ては、どう変えたい、こうしたい・・・といった明確なビジョン、イメージを提示できなかった私自身の責任。

それも、これも、今となっては良い想い出です。

優柔不断な私に、デザイナーの方は良くお付き合いいただきました。
ホント。
感謝、感謝です。

M.J.KOZOU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボクラのカケラ .148 "プロ野球シミュレーション ダグアウト'03 -the TURNING POINT-"ジャケットデザインの話(その1)。

ボクラのカケラ .148 "プロ野球シミュレーション ダグアウト'03 -the TURNING POINT-"ジャケットデザインの話(その1)。

今日はジャケットデザインの話。

殆どのタイトルについては、デザイナーの方に、私自身のイメージをお話し、いかに実現していただくか・・・といった感じ。
チラシなんかも、わりと具体的なレイアウトをお話し、具現化していただくケースが殆ど。

青春の鼓動(チラシ)
↑チラシについてはこちらを御覧ください。

そんな中、ジャケット決定が難産だったのが"ダグアウト'03"。

プロ野球シミュレーションダグアウト03

具体的なイメージに乏しかったので、いろんな案を提案していただきました。
(以下の写真は、あくまでも「ラフ」です。)

D1

D2_2

D3

確かに、本拠地全球場をリアルに再現ってのを表現したいところですが、それにしてもちょっとねぇ・・・。(笑)

D4

う~ん、違う・・・。

D5

悪くはないけど、ちょっと違う・・・。
ロゴ被っているし・・・。

D6

D7

なんとなく、アクションゲームっぽいんだよなぁ・・・。
選手じゃなくて、監督主体のゲームだし・・・。

D8

う~ん、監督を表現するのは難しいから、やっぱり「ボール」主体のデザインがいいかなぁ~。

こんな感じで、試行錯誤。(苦笑)

いやいや、これで終わりじゃないんです。(笑)

続きは明日。

M.J.KOZOU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青春の鼓動 .54 "栄冠は君に2002 ~甲子園の鼓動~"15秒CM。

青春の鼓動 .54 "栄冠は君に2002 ~甲子園の鼓動~"15秒CM。

発掘されたデータの中に、PS2版"栄冠は君に2002"の15秒CMがありました。

冒頭の「デジギュ~ブ」と、最後の「コンビニで♪」がなんとも懐かしい。(苦笑)

ナレーションを御担当いただいたのは、アノ方。

今じゃ頼めないなぁ。
ホント。

栄冠は君に

M.J.KOZOU

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ボクラのカケラ .147 "パネルクイズ アタック25"PS2版 出場者募集について。

ボクラのカケラ .147 "パネルクイズ アタック25"PS2版 出場者募集について。

何度か書かせていただきましたが、PS2版"アタック25"では、ゲーム中に登場するキャラクター、対戦相手として登場してくださる方を一般募集しました。

パネルクイズアタック25PS2

応募するにあたっての、シートは↓こんな感じでした。

****************************

この度は、新作クイズゲーム出場者募集に御応募いただき、ありがとうございました。

応募者多数の中から、第一次選考突破されましたので、御連絡させていただきます。

最終エントリーしていただける場合は、下記「=====」で区切られた範囲内の「>」に必要事項を記入の上、御返信いただければ幸いです。

============================
御出演(御出場)いただくのは、現在好評発売中の「アメリカ横断ウルトラクイズ」(PlayStation2)に続く新作クイズゲームです。
(今夏~秋頃発売予定)

プレイヤーの対戦相手、つまりCPUキャラとして登場していただきたいと考えています。

[1]名前(全角6文字以内、半角不可)
名前は、本名、芸名問いません。
但し、公序良俗、登録商標等、当方で不適切だと判断した場合、失格とさせていただきます。御了承願います。

[2]性別
必ず「男」か「女」を指定してください。

[3]年齢
2002年9月の時点での年齢を指定してください。

[4]出身地
都道府県を指定してください。

[5]職業
次の中から、お好きなものを指定してください。

OL、医師、飲食業、宇宙飛行士、占い師、運転手、エンジニア、会社員、会社経営、カウンセラー、学者、学生、家事手伝い、看護婦、記者、ギャンブラー、教師、吟遊詩人、クリエイター、警察官、芸術家、建築士、公務員、サービス業、自営業、実業家、主婦、消防士、スチュワーデス、スポーツ選手、正義の味方、政治家、その他、大工、タレント、ダンサー、デザイナー、パイロット、秘書、美容師、評論家、フリーター、プログラマー、弁護士、保母、漫画家、ミュージシャン、無職、郵便局員、錬金術師

[6]趣味特技
自由にお書きください。

[7]服装
次の中から、お好きなものを指定してください。

シャツ、セーター、ジャケットもしくはスーツ

[8]髪型
次の中から、お好きなものを指定してください。

男性:坊主、ショート、ロング
女性:ショート、ロング、ポニーテール

■御同意いただきたい点
・ゲーム中のキャラとして登場していただく。
・スタッフロールに名前を掲出させていただく。
・最終エントリーしていただいた後に、名前、年齢等のデータの変更、ならびに、エントリー取り消しはできません。
・出場者毎に設定される、顔、服装、各種パラメータ(クイズの強さ、得意ジャンル等)は弊社にて設定させていただきます。
  これらデータについて、変更等できません。
・全体のバランスによっては、最終エントリーしていただいた各種データを変更させていただく可能性があります。

(「同意する」か「同意できない」を記入してください。)

============================
****************************

予想以上の方から御応募いただき、大変うれしく思った次第です。

あ、あくまでも、昔話であって、今、何かを募集しているわけではありませんので、誤解のないように。(笑)

M.J.KOZOU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボクラのカケラ .146 "アメリカ横断ウルトラクイズ"PS2版 ステージ評価について(その2)。

ボクラのカケラ .146 "アメリカ横断ウルトラクイズ"PS2版 ステージ評価について(その2)。

昨日に引き続き、PS2版"ウルトラクイズ"での各ステージ毎に算出される評価について。

アメリカ横断ウルトラクイズPS2

■6. ヨセミテ(大声クイズ)

基準点:800点

不正解減点:-100点
大声タイム減点:残り時間10秒から1秒につき1点減点 (それ以前であれば減点無し)
ただしプレイヤーが正解のときのみ (不正解のときは減点しない)
解答権減点:解答権を得られなかったとき-30点
敗者減点:-400点
勝ち抜けボーナス:200点

■7. フェニックス(バラマキクイズ)

基準点:800点

不正解減点:-100点
バラマキタイム減点:往復に時間がかかったとき最大-200点
勝ち抜け減点:他のプレイヤーが先に抜けたとき-50点
敗者減点:-400点
勝ち抜けボーナス:200点

■8. ニューオリンズ(双子神経衰弱)

基準点:800点

不正解減点:-100点
解答権獲得タイム減点:残り時間10秒から1秒につき1点減点 (それ以前であれば減点無し)
但し、プレイヤーが正解のときのみ (不正解のときは減点しない)
解答権減点:解答権を得られなかったとき-20点
双子不正解減点:一度出ているにも関わらず答えられないとき-100点
敗者減点:-400点
勝ち抜けボーナス:200点

■9. ワシントン(通せんぼクイズ)

基準点:800点

不正解減点:-60点
解答権獲得タイム減点:残り時間10秒から1秒につき1点減点 (それ以前であれば減点無し)
ただしプレイヤーが正解のときのみ (不正解のときは減点しない)
解答権減点:解答権を得られなかったとき-40点
通せんぼ阻止加点:通せんぼを阻止したとき100点
敗者減点:-400点
勝ち抜けボーナス:200点

■10. ニューヨーク

基準点:800点

不正解減点:-40点
解答権獲得タイム減点:残り時間10秒から1秒につき1点減点 (それ以前であれば減点無し)
ただしプレイヤーが正解のときのみ (不正解のときは減点しない)
解答権減点:解答権を得られなかったとき-10点
敗者減点:-400点
勝ち抜けボーナス:200点

昨日の前半ステージ同様、各ステージ評価点を算出し、点数によって評価が決定。

評価 得点(未満~以上)
900点以上  S
800点~900点未満  A
700点~800点未満  B
600点~700点未満  C
500点~600点未満  D
400点~500点未満  E
400点未満  F

いやぁ~、さっぱり記憶にないです。(苦笑)

従って、当件に関して御質問をいただいても、答えられない可能性大ですが、お許しを。

M.J.KOZOU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボクラのカケラ .145 "アメリカ横断ウルトラクイズ"PS2版 ステージ評価について(その1)。

ボクラのカケラ .145 "アメリカ横断ウルトラクイズ"PS2版 ステージ評価について(その1)。

PS2版"ウルトラクイズ"で各ステージ毎に算出される評価について、書かせていただきます。

アメリカ横断ウルトラクイズPS2

■1. ウルトラドーム

基準点:800点

タイム減点:残り時間10秒から1秒につき1点減点 (それ以前であれば減点無し)
不正解減点:1問目で不正解の場合-800点
以下1問クリアするごとに減点が100点ずつ減らされる (最大200点)

(例)1問目で失格800点減点・2問目で失格700点減点・・・
勝ち抜けボーナス:200点

■2. ジャンケン

3勝0敗  1000点
3勝1敗  800点
3勝2敗  600点
2勝3敗  400点
1勝3敗  200点
0勝3敗  0点

※引き分け減点:1回につき-30点
※時間切れ減点:1回につき-100点

■3. 機内クイズ

基準点:正解数×10点 (最高点500点)
タイムボーナス:50問解答後の残り時間より決定

残り時間(秒)加点
60~50  100点
50~40  80点
40~30  60点
30~20  40点
20~10  20点

順位ボーナス:(51-[順位])×4点
勝ち抜けボーナス:200点

■4. グアム (泥んこクイズ)

正解ボーナス:500点
不正解:0点

順番ボーナス:1番目に行ったとき200点
※以下順番が1つ繰り下がるごとに50点マイナス (5番目以降は0点)
(例)1番目に挑戦200点・2番目に挑戦150点・・・

タイムボーナス:最高200点 (残り時間から換算)
思い切りボーナス:100点 (一回も迷わずにパネルまで行ったとき)

■5. ハワイ (綱引きクイズ)

基準点:800点

綱引きタイム減点:1勝負につき最大-50点
※ただしプレイヤーが勝った時のみ (負けたときは減点しない)

綱引き負け減点:-100点
不正解減点:-100点 (NPCが不正解でも減点)
敗者減点:-200点
勝ち抜けボーナス:200点

こんな感じで各ステージ評価点を算出し、点数によって評価が決定。

評価 得点(未満~以上)
900点以上  S
800点~900点未満  A
700点~800点未満  B
600点~700点未満  C
500点~600点未満  D
400点~500点未満  E
400点未満  F

続きのステージはまた明日。(笑)

P.S.
あ、あくまでも手元の資料からの転載なので、実際の製品版と全く一緒とは保証しかねます。
お許しを。

M.J.KOZOU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボクラのカケラ .144 "パネルクイズ アタック25"PS2版 パラメータの話。

ボクラのカケラ .144 "パネルクイズ アタック25"PS2版 パラメータの話。

PS2版"アタック25"に登場する対戦相手、つまり、コンピュータキャラのパラメータに関するお話。

パネルクイズアタック25PS2

公募で選ばれた方々のパーソナルデータを基に、コンピュータキャラそれぞれに多数のパラメータを設定しました。

※以下、データの一部

At1
名前、性別、年齢、出身地、職業、趣味/特技・・・といった、基本的な情報はもちろん。

At2
知力、素早さ(早押しの速さ)、パネルの取り方の上手/下手。

At3
スポーツ、芸能音楽、映画アニメ、文化芸術、文学歴史、社会、自然科学、生活遊び・・・といった各ジャンルへの得手不得手。

顔、髪型、髪の色、服装、めがねの有無。

At4
出場にあたっての一言も。

350人ぐらいだったと思いますが、それぞれに各パラメータが設定されており、誰ひとりとして同じデータのキャラは存在していません。

クイズは強いけど、パネルの取り方がイマイチな人。

早押しは早いけど、正解率がダメな人。

芸能音楽は、メチャメチャ強い人・・・等、様々なキャラクターが存在しているかと思います。

このパラメータ次第で、最強キャラクターができてしまうわけです。

M.J.KOZOU

| | コメント (1) | トラックバック (0)

青春の鼓動 .53 "PostPetTypeLand2 打モモも"プロモーションビデオ。

青春の鼓動 .53 "PostPetTypeLand2 打モモも"プロモーションビデオ。

一昨日、昨日に続いての動画。

"打モモも"のタイトル紹介(製品説明)用ビデオです。

4分30秒を超える大作。

これを見れば、当タイトルのポイントとなる部分はお解かりいただけるはず。

自画自賛ではありますが、いいタイトル。(笑)

完成度高いなぁ。(笑)

PostPetTypeLand2打モモも

何度も、何度も書いてますが、自己満足度の最も高い、タイトルです。
ホント。

M.J.KOZOU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青春の鼓動 .52 "PostPetTypeLand2 打モモも"web公開用ビデオ。

青春の鼓動 .52 "PostPetTypeLand2 打モモも"web公開用ビデオ。

"打モモも"の公式ホームページ(当時)で配信したタイトル紹介ビデオです。

昨日の"チョコレート♪キッス"のプロモーションビデオに引き続き、S氏制作。

2003年3月20日発売・・・ってことは、約5年9ケ月。
月日が経つのは、早い、早い。

PostPetTypeLand2打モモも

M.J.KOZOU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青春の鼓動 .51 "チョコレート♪キッス"プロモーションビデオ。

青春の鼓動 .51 "チョコレート♪キッス"プロモーションビデオ。

どこで配信したのか記憶にありませんが、元スタッフ S氏より提供していただいたビデオです。

販売店向け、かつ、webで配信したのかなぁ。

制作した記憶はあるのですが・・・。

チョコレートキッス

今更ながら、私の携わったタイトルの中では「異色」ですねぇ。(笑)

P.S.
このビデオ、S氏自ら制作したものだった記憶が。
予算が乏しかったので、手作り、手作り・・・。(苦笑)

限られた素材の中、立派なものです。
ホント。

M.J.KOZOU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青春の鼓動 .50 "めざましテレビ ~10th Anniversary~ きょうのわんこ"ぬいぐるみ。

青春の鼓動 .50 "めざましテレビ ~10th Anniversary~ きょうのわんこ"ぬいぐるみ。

PS2版"きょうのわんこ"の予約特典。

きょうのわんこ

どちらか忘れてしまいましたが、どちらかが予約特典。

もう一方は、同タイトル発売時期に販売されていたもの。

残念ながら、あまり予約されなかったこともあり、特典のぬいぐるみは希少。(苦笑)

ホント、貴重品。

複数持っていたら、オークションに出してみたいぐらい。(笑)

めざましテレビ_きょうのわんこ

昨日の「ウルティマ」に続き、なんとも悲しい、寂しい話題が続いてしまいました。
お許しを。

M.J.KOZOU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

THE TIME .62 "ウルティマ"トロフィー。

THE TIME .62 "ウルティマ"トロフィー。

D社で、PCオンラインゲームの草分け的存在である「ウルティマ」を題材にしたトレーディングカードを制作させていただいた際、ウルティマを盛り上げた・・・ってことに対して表彰(?)、トロフィーをいただきました。

ウルティマ

正直、関係各位には大変な御協力をいただき、「ウルティマ」という世界的ブランドを使用させていただきながら、目標規模の売上、展開ができず、胸を張って当トロフィーをいただくことができず、なんとも申し訳ない気持ちがいっぱい。

もっとシンプルなルールにすればよかったのかなぁ。

もっとお金をかけてプロモーションすればよかったなぁ。

UltimaGeneration-RoadtotheAvatar- UltimaGeneration-RoadtotheAvatar2

反省や後悔ばかり。(苦笑)

当トロフィー、デザインも良く、飾っておきたい気持ちは多々あるものの、申し訳ないという気持ちが大きいためか、飾れず、箱に入れて大切に保管しています。

M.J.KOZOU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PRIDE .10 "個人情報保護法"。

PRIDE .10 "個人情報保護法"。

2005年4月1日に施行された当法律。

漏洩したら一大事。
大変な騒ぎになりますよね。

昔は、ずさんでしたねぇ。

毎年、プロ野球シーズン開始前に、選手名鑑って発売されるじゃないですかぁ。
信じられないと思いますが、昔の名鑑には、選手や監督、コーチの家族構成、家族の名前、そして、な、なんと、住所まで掲載されていたんです。

今じゃ、考えられませんよね。

プロ野球ヲタクでもあった私は、名鑑に掲載されている住所に「サインください」と書き、往復ハガキを送付したことがあります。(笑)

阪神の選手数人に送付したのですが、岡田内野手(当時)、平田内野手(当時)から、しっかりとサインが入ったハガキが届きました。

Tigers

一番欲しかった、掛布内野手(当時)からは届かず。(苦笑)

個人情報を犯罪や商売に悪用する輩も少なかったからでしょう。
おおらかな時代でした。
ホント。

漏洩した・・・等、個人情報に関する報道を見るたびに「選手名鑑」を想い出します。

M.J.KOZOU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青春の鼓動 .49 "パラッパラッパー2 デスクトップアクセサリーズ"マスコット。

青春の鼓動 .49 "パラッパラッパー2 デスクトップアクセサリーズ"マスコット。

パラッパラッパー2のマスコット、コンプリート。(笑)

パラッパ

台座がブルーなのが特典もの。

赤い帽子が、当デスクトップアクセサリーズの特典。
予約するともらえたんじゃないかなぁ、確か。

パラッパDTA

青い帽子が、同時期発売のサントラCDの特典だったと思います。

その他、黄色い台座は市販品。

市販品も、選べるわけでなく、ランダムに入っているのでコンプリートしにくく、さらに、デスクトップアクセサリーズ、サントラCDの特典を手にするとなると、この写真のコンプリートセットをお持ちの方は少ないのでは? (笑)

もちろん、S社の御協力あっての企画ではありますが、これを実現するにあたって、各所と調整したD社スタッフは優秀でした。
ホント。

M.J.KOZOU



| | コメント (0) | トラックバック (0)

THE TIME .61 "アメリカ横断ウルトラクイズ"PS2版 記者発表会。

THE TIME .61 "アメリカ横断ウルトラクイズ"PS2版 記者発表会。

これも以前、書いてますが、PS2版"ウルトラクイズ"の発売を記念して、雑誌社の方々向けに、D社社内で記者発表会を行いました。

アメリカ横断ウルトラクイズPS2

御多忙の中、福留さんにも御同席いただき、ゲームについてお話いただいたり、「ウルトラクイズ」についてお話いただいたり。

Uq1

「ウルトラクイズ」世代の記者の方も多く、盛り上がる質疑応答。

福留さんも撮影裏話的な話を含め、記者の質問に答えるだけでなく、いろんな話をしてくださりました。

Uq2

あ、私、まだメガネかけている頃ですねぇ。
ちなみに数年前にレーシック治療済で、今はメガネかけていません。(笑)
今は髪も短いし・・・。 あ、どうでもいい話ですね。(苦笑)

この2ショットの写真は、宝物です。
ホント。

Uq3

御覧になった方もいらっしゃるかと思いますが、この模様、様々な雑誌、ネットニュースで取り上げていただきました。
う~ん、いい想い出です。

M.J.KOZOU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

THE TIME .60 "チョコレート♪キッス" 配役発表。

THE TIME .60 "チョコレート♪キッス" 配役発表。

昨日に引き続き、"チョコレート♪キッス"関連。

Lalalu

当タイトルの主要キャラクターの声優を LaLa♪Luのメンバーの方々に御担当いただくことは、決まっていたのですが、具体的に誰にどのキャラクターを御担当いただくか発表した際に撮影した記念写真。

前にも書いたかと思いますが、キャステイングを記した書面に誤字。

しかもメンバーの名前での誤字。

この書面、私が作成したものなので、当然、私の責任。

ホント、その方には大変申し訳ないことをしました。

一生忘れられない、ミスです。(苦笑)

M.J.KOZOU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

THE TIME .59 "チョコレート♪キッス" 店頭イベント。

THE TIME .59 "チョコレート♪キッス" 店頭イベント。

昨日からの「店頭イベント」繋がりで、今日は"チョコレート♪キッス"の店頭イベントの話。

チョコレートキッス チョコレートキッス2

何度も書いていますが、当タイトルでは、歌に声優、プロモーションと、LaLa♪Luのみなさんに御協力いただきました。

発売日に秋葉原の大手販売店2店で、店頭イベントを実施。

御購入いただいた方にグッズプレゼント。

メンバーの方には2つのグループにわかれていただき、店頭に。

C1 C2

とても寒い中、大きな声と、とびきりの笑顔で、御対応いただきました。

C3 C4

そもそも、仕入れ本数が少なかったこともあり(苦笑)、イベント途中で品切れに。

C5 C6

そんな想定外のトラブルもあったものの、とても楽しく、暖かいイベントとなりました。
ホント、メンバーのみなさんには救われました。

このイベントも昨日書かせていただいたスタッフの力によるもの。
素晴らしいスタッフでした。
ホント。

M.J.KOZOU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

THE TIME .58 "パネルクイズ アタック25"PS2版 店頭イベント。

THE TIME .58 "パネルクイズ アタック25"PS2版 店頭イベント。

PS2版"アタック25"では、発売時に数店で店頭イベントを実施させていただきました。

イベントって言っても、大袈裟なものではなく、試遊台でプレイしていただく程度の簡単なもの。

とはいえ、この店頭イベント。

当然、お店のスペースをお借りするわけで、自由に勝手には行えない。

私としては、児玉さんの「アタックチャ~ンス!!」を店頭で流したく、当時営業を担当していただいていたスタッフに相談。

パネルクイズアタック25PS2

結果的に、このスタッフのおかげで、SHIBUYA TSUTAYAをはじめ、数店で試遊会を実施させていただきました。

↓某大型店での模様。

At1

At2

At3

At4

大手、大型店での試遊会って、なかなかOK取れないんです。(今はわかりませんが、当時は)

そんな中、有名店での実施を実現したスタッフには感謝しています。

PS2版"アタック25"を発売する頃は沈静化していましたが、"ダグアウト99"でD社がタイトル制作を本格化するにあたっては、いろんな風当たりが会ったのは事実です。

プロ野球シミュレーションダグアウト99

D社といえば、コンビニ流通。

所謂、従来店舗型のお店としては、競合、ライバルなわけです。

そのライバルが作ったゲームを従来店舗型のお店が、喜んで取り扱うわけないのです。

もちろん、「内容がよければ、D社であろうと、関係ありませんよ」と言ってくださる会社も多々ありましたが、逆に、「うちで売らなくてもコンビニで売ればいいでしょ」と、取りつく島もない会社も多々。

そんな歴史を考えると、大型店舗の店頭で試遊会が実施できるのは感慨深いものがありました。

M.J.KOZOU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボクラのカケラ .143 "打モモも"お化けの話。

ボクラのカケラ .143 "打モモも"お化けの話。

昨日の"チョコレート♪キッス"ラフデザインに続いて、ラフデザインの話。

タイピングソフト"打モモも"に収録したコンテンツ「お化け屋敷」に登場するお化けのラフデザイン。

__2

ラフ・・・といっても、着色していないだけで、殆ど完成版。(笑)

PostPetのキャラクター達と同じ画面に並び、違和感、ギャップがないように。
それでいて、「お化け屋敷」のお化けっぽく。
怖さに強弱をつけて・・・と、当方の注文に対して、デザイナーの方には苦労していただきました。

PostPetTypeLand2打モモも

こういった資料を見ていると、打モモの第三弾を作りたくなりますね。

もちろん、その予定は全くありませんが。(笑)

M.J.KOZOU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボクラのカケラ .142 "チョコレート♪キッス" ラフデザイン。

ボクラのカケラ .142 "チョコレート♪キッス" ラフデザイン。

ラフデザインを、本邦初公開。(笑)

Cho

このデザインは、パッケージ等に利用させていただきました。

C1

ホント、戸部淑さんのデザイン(キャラクター)は魅力的ですよねぇ。

制作中、いろんなデザイン(グラフィック)があがってくるたびに感心したものです。

チョコレートキッス

このラフ、貴重品だなぁ。(笑)

M.J.KOZOU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボクラのカケラ .141 "打モモ"ネットワーク大会。

ボクラのカケラ .141 "打モモ"ネットワーク大会。

運営していて楽しかったのが、"打モモ"ネットワーク大会。

PostPetTypeLand打モモ

「uchimomo.com」って専用サイトで、↓こんな感じで実施しました。

Momo_s

・参加することに意義がある。
・後から参加した人も賞品獲得のチャンスがあること。

この2点は譲らず、運営方針を考えたつもりです。

ランキング上位じゃなくても賞品獲得のチャンス有じゃなければねぇ。

このネットワーク大会にプラスして、著名人の方々のVTRデータ配信と、いい感じで盛り上がってくれました。

ちなみに、ネットワーク大会の賞品は↓こんな感じ。

Momo

特別賞を御覧いただければおわかりのとおり、タイピングの成績は殆ど無視。(笑)

タイピングが上手な人も、下手な人も、参加してほしかった。
ただそれだけなんです。

M.J.KOZOU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボクラのカケラ .140 "パネルクイズ アタック25"PS2版 面接について。

ボクラのカケラ .140 "パネルクイズ アタック25"PS2版 面接について。

資料をせっかく入手したので、当ゲームの面接について書かせていただきます。

パネルクイズアタック25PS2

面接官からの質問ですが、以下が全てです。

-------------------------

◎まず最初に、どうしてアタック25に出場しようと思ったかお聞かせください。

◎まず最初に、アタック25の印象をお聞かせください。

◎本日の試験問題のできはいかがでしたか?

◎友達は多い方なんですか?

◎それでは、先ほどの試験問題は簡単でしたか?

◎沢木さんのどんなところが好きですか?

◎クイズ番組はよくご覧になる方ですか?

◎それでは、児玉さんに対してどんなイメージをお持ちですか?

◎テーマ曲以外に何かございませんか?

◎普段の休日は何をされてますか?

◎いつもどんなテレビ番組をご覧になってますか?

◎先ほどのアンケートで趣味がスポーツとなっていますが、具体的にどんなスポーツですか。

◎先ほどのアンケートで趣味が料理となっていますが、得意料理は何ですか。

◎先ほどのアンケートで趣味がパソコンとなっていますが、パソコンを使って、どんなことをされているのですか。

◎先ほどのアンケートで得意ジャンルが***ということですので、一つ問題を出してみましょうか。

◎先ほどのアンケートで得意ジャンルも不得意ジャンルも***ということですが、これはどういうことですか

◎あなたの特技について教えてください。

◎この番組に出場するにあたっての、意気込みを聞かせてください。

-------------------------
※回答によって、次の質問が決まることもあり、ランダムで質問が決まることがありますので、上記質問が必ずしも出題されるとは限りません。
※趣味によって、ミニゲームイベントが発生。ミニゲームの結果が面接での得点が増減します。

面接突破へのコツは以下のとおりです。

・「クイズが好きで好きでたまらない」といったアピールはマイナスになります。
・どこにでもいる「普通の人」をアピールしてください。
・「ヨイショ」する必要はありません。

これらを心得て回答すれば、面接での得点がマイナスになることはありません。

あとは、筆記試験の得点次第ですが。(笑)

M.J.KOZOU

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ボクラのカケラ .139 "アメリカ横断ウルトラクイズ"PS2版 認定書。

ボクラのカケラ .139 "アメリカ横断ウルトラクイズ"PS2版 認定書。

以前も書かせていただきましたが、PS2版"ウルトラクイズ"は様々な周辺機器に対応しました。

アメリカ横断ウルトラクイズPS2

出題されるクイズが増える i-mode。
撮影した写真で登場するキャラの顔を変更できる デジカメ。

そして、認定証が印刷できる プリンタ。

この「認定証」ってのが↓コレ。

_

印刷された方、どのくらいいらっしゃったのかなぁ?(笑)

私の記憶が確かなら、RANKは Sが最高だったはず。

製品化前のチェックで、全RANK、正しく表示、印刷されるか確認するのに、スタッフが苦労していたのが想い出されます。

M.J.KOZOU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青春の鼓動 .48 "プロ野球シミュレーション ダグアウト99"ポスター。

青春の鼓動 .48 "プロ野球シミュレーション ダグアウト99"ポスター。

私が携わったタイトルのポスターで一番気に入っているのがこれ。

D99

ポスター作成にあたって、いろいろなアイディアが浮かんだのですが、ちょっと変化球な当企画を選びました。

当ゲーム、プロ野球選手全員収録。

つまり、登録されている全選手をゲームに登場させた最初(おそらく)のゲームです。

「全員収録、約800名!!」を協調したく、全選手の名前を記述した当デザインを依頼した次第です。

ゲームの具体的な内容や、画面写真が掲載されていないので、賛否両論はありましたが、私は満足しています。

プロ野球シミュレーションダグアウト99

ちなみに、このデザインを週刊ベースボール他、雑誌の広告にも使ったと思います。
御覧になった方、いらっしゃるかなぁ?

P.S.
とても優秀で、team-digiのタイトル制作には欠かすことができなかった、S氏より当時の様々な資料や写真を提供していただきました。
しばらくは、彼から提供していただいたネタを中心に書かせていただきます。

御協力、ありがとうございます。 > S氏

M.J.KOZOU



| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボクラのカケラ .138 "やじうまペナントレース"企画書。

ボクラのカケラ .138 "やじうまペナントレース"企画書。

これは年代物です。(笑)

やじうまペナントレース

当時、V社で御担当いただいたO氏作成の資料。
O氏直筆。

ゲーム名が確定する前のものなので、「スポーツ根性シリーズ vol.1 THE BASEBALL(仮)」。

当時はワープロ(ワープロソフト)が安価で普及する前だったこともあり、殆どが手書き。

これはこれで、味があっていいですよね。

そして、私が書いた企画書の一部がコレ。

やじうまペナントレース

こんな感じの企画書が百数十枚。
よく書きましたねぇ、ホント。
(20年以上前の資料なのに、書いている「字」が今と殆ど変らない。(苦笑))

この資料をもとにして、プログラマーがプログラム、グラフィック担当の方がグラフィックを、サウンド担当の方がサウンドを開発/制作されるわけです。

やじうまペナントレースやじうまペナントレース2

企画書というか、仕様書というか、設計図みたいなものですね。

M.J.KOZOU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »